走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

交野トレイルランニングチャレンジカップ。応援、誘導、ゴール地点で感じたこと。「トレイルランニングとは、タイムスリップである」説!!

 

 






 

 

昨日は第三回交野トレイルランニングチャレンジカップを応援に行ってまいりました!!

 

友人が実行委員長を務めていることもあり、徒歩で行ける応援ポイントを教えてもらいました。

 

気温は34度。灼熱。

f:id:maddiehayes9915544:20170730144431j:plain

 

JRの星田駅から、約1km。星田七丁目のバス停を目指して歩き、橋を渡ると…。

f:id:maddiehayes9915544:20170730144314j:plain

 

もうそれっぽいトレイル。

f:id:maddiehayes9915544:20170730144559j:plain

 

第3エイドがありました。スタッフの皆さん、明るくて快活でいらっしゃいました!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730144720j:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170730144928p:plain

 

第3エイドはスタートして11.5km地点。

f:id:maddiehayes9915544:20170730152158j:plain

 

冷凍車。水を中に入れて、冷水をランナーに提供するために使われていました。

f:id:maddiehayes9915544:20170730145313j:plain

 

速い選手はフォームも綺麗で力強い!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730150835j:plain

 

参加者350人中、50人が高校の陸上部の選手たち。幼さが残る表情の中に、底知れぬパワーを感じました。

f:id:maddiehayes9915544:20170730163324j:plain

 

 

第3エイドスタッフの皆さん、和気あいあいとされていましたが、発生するトラブルには迅速に対処されていました!!

 

トランシーバーで、第3エイド付近で座り込んでいるランナーがいる、と連絡が入ると、すぐに確認に行かれていました。熱中症で動けないランナーを、2人で連れ帰り、冷凍車から板状の氷を枕にして介護されていました。

 

▼トラブルにも迅速に対応!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730150129p:plain

 

(ちなみのこの熱中症の選手は、迅速な対応の甲斐あって、30分もしないうちに回復されていました)

 

「たとえエイドが渋滞しても、選手の皆さんに十分に水分補給をしてもらうように」との指示が聞こえてきました。

f:id:maddiehayes9915544:20170730163439j:plain

 

第3エイド直前のトレイル。最細部分は道幅20cm

f:id:maddiehayes9915544:20170730151934j:plain

 

全てのランナーが笑顔!!これって、ロードと少し違う雰囲気だな!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730152832j:plain

 

どうやらこの上で、若干、ルートがわかりにくい部分があるとのこと。そこに立って、誘導係をすることにしました。

f:id:maddiehayes9915544:20170730152947j:plain

 

するとその直後に現れた長身の美女は、先日、香留壇までハンバーガーを食べにきてくれたミキティこと関村さん!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730153132j:plain

 

とにかく、全てのランナーのはじける笑顔が印象的でした。

f:id:maddiehayes9915544:20170730153341j:plain

 

ほぼ全ランナーさんが第3エイドを通過した後、バスでゴール地点へ。

f:id:maddiehayes9915544:20170730163611p:plain

 

ゴールシーンはすべからく、万感、胸に迫るものがあります。

f:id:maddiehayes9915544:20170730154948j:plain

 

選手も、スタッフの皆さんも素晴らしい大会でした。

 

特に印象的だったのが、ランナーの皆さんの笑顔です。ロードとの最大の違いはそこかな、と感じました。みなさん、楽しくて仕方がない、という表情です。

 

まるで幼い頃に戻って、山で遊んでいる、そんなタイムスリップを経験しているかのような屈託のない笑顔。暑く苦しいはずなのに、全ランナーに浮かんでいたその笑顔が印象的でした。

 

それはもちろん、スタッフの皆さんの円滑で的確な大会運営があってのことだと思います。

 

選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!!

 

ちなみにこの大会、参加費は4,000円

 

完走賞はヘッドギアレイドライト特製、極レア!!非売品ながら、たぶん買ったら3,000円はくだらないでしょうね〜!!

f:id:maddiehayes9915544:20170730180924j:plain

 

来年は出たいな!!

 

 

 

借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」