走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

「ただ、走ることができる」というだけの幸せ。

f:id:maddiehayes9915544:20170705091240j:plain

 

心房細動を治療するため、心臓カテーテルアブレーション手術を行いました。心臓に管を入れて、悪さをしている部位を焼き切る手術です。

 

僕の周りにも、同様の手術をされた方は何人かいらっしゃいます。走ることに復帰された方も多くいます。

 

僕は小心者なんで、一度、メスを入れた(厳密にはメスではありませんが)この心臓がどのくらいの心拍に耐えてくれるのかが怖くて、恐る恐る、ランに復帰しているといった状況です。

 

ところがさらに追い討ちをかける事態が発生しました。右膝が、突然、痛み出しました。

 

今まで膝が痛むことはありませんでした。軽く考えていたのですが、いつまでたっても治らない。

 

半月程度で、試しに走ってみたら、かなり痛みました。まるで、軟骨がなくなって、骨と骨が直接、ぶつかり合っているかのような痛みでした。

 

膝の軟骨がなくなり走れなくなったランナーさんの話はよく聞きます。

 

僕はとても恐ろしくなりました。

 

膝に特殊な手術をして、ランに復帰した友人もいます。骨の一部を切って、空いた空間を軟骨がわりにする、と行った手術だったと記憶しています。

 

復帰するまでに3年以上、かけてらっしゃいました。それも、血もにじむような努力の3年。

 

膝痛を軽く考えていたことへの恐怖、あの友人の身に起こったことが自分にも起こったのか、と言うことへの恐怖…

 

痛みが発症してから1ヶ月、ドクに教わったPose Methdを忠実に再現して走れば、膝に痛みがまったくこないことがわかりました。

 

真下で着地、フォアフット、体幹で前進、蹴り出し厳禁、かかとは尻方向に巻き上げ…

 

自分のものになっていたと過信していたフォームは、ぜんぜん自分のものになどなっていなくて、全神経を注力しなければそのフォームで走ることなどできていませんでした。

 

でもそうすれば走れた。

 

キロ7:30程度のスピードながら。

 

走れた、ことが何よりも嬉しい。

 

せっかく心臓を治療したのに、膝でダメになっちゃうのか?と思ったこともありました。

 

もちろん、まだまだ膝には注意を怠ってはいけない、と思っております。これ以上、痛みが出るようなら医者にもいかないといけないと思っています。

 

ごく最近も、ある、ランニング関連の、とても大きな世界大会を走った経験のあるランナーさんとお話しする機会がありました。そのランナーさんは、極めて過酷なその大会を、眼を見張るような成績で走り切ったにもかかわらず、その後、怪我をしてしまわれました。

 

一時は、2度と走れないと言う状況も覚悟した怪我だったそうです。

 

今は、少しずつなら走れるようになってきたそうです。

 

あの過酷な大会を走破した頃の自分の走りはできないけど、ただ、走れることが幸せだ、とそのランナーさんはおっしゃっていました。

 

ぜんぜんレベルが違いますが、僕はこの言葉にとても共感できました。

 

「ただ、走れることが幸せ」

 

この言葉、ランナーは噛み締めたいと思います。

 

何かの結果が悪く、「もう走ることをやめる」なんて、死んでも口にして欲しくない。

 

「走りたくても走れない」と言う人も、何人も見てきました。「じゃあその足、オレにくれよ」って言いたいランナーが、何人いるでしょうか。

 

人間は走るために生まれてきた動物である、と言うのが、名著「Born to Run」の結論でした。

 

ランナーは、その太古の記憶とともに走り続けています。

 

「ただ、走れることが幸せ」

 

この言葉を胸に刻んで、身体をケアして、研磨して、少しずつ走っていこう。

 

「人は年をとるから走るのをやめるのではない。走るのをやめるから年をとるのだ」

"BORN TO RUN 走るために生まれた"

 

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"