走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

iPhone標準アプリ:「ボイスメモ」が神アプリ。お医者さんでの診断結果・ケータイ契約時のやりとりなど、サッと録音し、何度も聞き返しましょう!!

 

 

 

iPhoneの標準アプリ・ボイスメモ」は、日常生活のあらゆる場面で役立ってくれる、いわゆる「神アプリ」です。

 

にもかかわらず、意外に使っている人が少ないようなので、今回、スポットライトを当ててみようと思います。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170629110415p:plain

 

医療機関での受診内容

 

あなた自身が、あるいは、あなたのご家族が、病気になった時、もちろんお医者さんに行きます。心の動揺を抑えながら、お医者さんの仰ることをよく聞きますが、その内容を、詳細に記憶しておくことができますか?

 

動揺しながら聞いた内容は、記憶にとどめておくことがとても難しいもの。でも、「忘れた」なんてもってのほか。

 

診察室に入ったら、必ず、ボイスメモのタップを忘れないようにしましょう。録音データがあるのとないのとでは、その後の安心感が全然違います。

 

 

録音したデータを、iMessageで妻に飛ばすと、妻もその場にいたのと同じように情報が共有できますし、薬の飲み方や注意事項などを間違うことなく実践できます。

 

携帯電話会社の契約時

 

mineo(マイネオ)さんとの契約時も、これで録音することで後々、聞き返すことができ、記事が書きやすいなどは言うに及ばず、今後、契約を見直す際の指標にもなります。

 

例えば、「5分かけ放題800円(税込918円)/月」に加入していますが、加入していない場合は30秒で20円の通話料がかかります。

 

つまり、月間の通話時間が20分に満たない場合は、5分かけ放題サービスは不要ということになるので、数ヶ月の間、様子を見て判断しようと思っています。

 

こういうことも、契約時の音声データがあれば、時間が経って記憶が薄らいでいても、安心して判断の根拠ができます。

 

 

 

ビジネス

 

ビジネスの場面でも、後から「言った/言わない」の、「仕事あるある」を避けるためには、録音があったほうがいいでしょう。でも、ICレコーダーを取り出し、スイッチを入れ、などとしている時間がなかったりする場面て、往々にしてありますね。

 

また、特にビジネスの場面では、先方との関係が微妙な場合ほど、おおっぴらに「録音します!」って姿勢を見せると、取引そのものにも影響が出かねず、二の足を踏んでしまうことも多くあります。

 

iPhoneを取り出し、マナーモードにする際に、ボイスメモをタップしさえすれば、そんな心配は無用。

 

いわゆる秘密録音」という状態ではあります。相手に録音している旨、告げるのが礼儀ではありますが、告げなくても法的には問題ないとのこと。敵対状態にある場面など、「ビジネスマナー」なんて言っていたら社会的に殺されてしまう場面もあります。さらにメモも取っておけば、「言った/言わない」論争はかなり防げます。 

 

音声データ送信による共有

 

iMessage

 

医療機関での受診のやりとりなどは、昨日ご紹介した「メッセージ」で送信すれば、家族間で共有できます。

blog.dietrunner.xyz

 

①送りたい音声データをタップし、ココをタップ。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170629113249p:plain

 

②「メッセージ」をタップ。

f:id:maddiehayes9915544:20170629113613p:plain

 

③「宛先」欄に先方のiPhoneの電話番号を入れて送信。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170629114027p:plain

 

録音時間が長ければメールで送信

 

iMessageでは、10分程度の会話は飛ばすことができますが、1時間の会話は飛ばすことができません。

 

それらはメールで送りましょう。

 

④ 上の②で「メールで送信」をタップして、宛先アドレスを入れて送信

f:id:maddiehayes9915544:20170629115419p:plain

 

以上で簡単に、違う場所でなされた会話がシェアできます。

 

容量

 

気になる容量ですが

 

1GBで37時間の録音が可能

 

とのことです。

 

あまり気にせず使用できますね!!

 

iPhoneユーザーの皆さん、日常生活にボイスメモをフル活用してください!!