走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

南方熊楠記念館 少年ジャンプでも描かれた、南紀白浜が生んだ偉人

 

 

 

南方熊楠(みなかた・くまぐす)。知らない限り、絶対に読めない難解な人名ですが、僕と同世代の人はかなりの確率で読めるのではないか、と思います。

 

というのも、1990年、週刊少年ジャンプ「てんぎゃん〜南方熊楠伝〜」というタイトルで、南方熊楠の少年時代を描いたマンガが連載されていたからです。

 

連載は、残念ながら短期間で終わってしまいました。少年ジャンプは読者からのアンケートが絶対です。10週連続で最下位だったら、問答無用で連載打ち切り。

 

「てんぎゃん〜南方熊楠伝〜」も、かなり人気がなかったものと思われます。

 

作者は岸大武郎(きし・だいむろう)、というマンガ家さんです。実は「てんぎゃん」の前にも、「恐竜大紀行」という漫画をジャンプで連載され、それも短命で終わっています。

 

しかし、作者の名誉のために申し添えますと、鳥山明さんが「影響を受けたマンガは?」の質問に、「恐竜大紀行です」と即答されたというのは有名な話です。

 

当時のジャンプの「誌風」(そんな言葉があるのなら)に合ってはいなかったのかもしれませんが、30年近く経った今も、当時少年だった僕らの心に、なぜか残っている「てんぎゃん」、おそらくは、かなりの才能の仕事であったのだろう、ということは想像に難くありません。

 

「てんぎゃん〜南方熊楠伝〜」で僕が覚えている内容は、南方熊楠という小柄な少年が、和歌山の自然の中を走り回り、天狗(てんぎゃん)と出会ったりしながら、天才的な記憶能力(一度読んだ本の内容は完全に記憶、など)を駆使しながら、やがて偉大な学者になっていく下地を作っていく、という内容でした。

 

いじめっ子にいじめられた際に、彼の特技である「自由自在に吐瀉物を吐き出せる」という技を使って、自分より大柄ないじめっ子と対峙した、というエピソードの部分が、なぜか強烈に覚えています。

 

作品はとても中途半端な状態で終わっていたと記憶しています。人気がなかったための、強制終了だったのでしょう。

 

しかし、その後の人生においても、南方熊楠の名前を聞く機会は多々ありました。その度にこの漫画を思い出しました。

 

そんな同年代の男性は、とても多いと思います。

 

そんな熊楠の記念館が、白浜にあります。

 

それが「南方熊楠記念館」です。

 

 

 

 

白良浜ビーチから約2km。円月島を左に見ながら走ると

f:id:maddiehayes9915544:20170623100617j:plain

 

グラスボート乗り場、にたどり着けばもう見えています。

f:id:maddiehayes9915544:20170623101548p:plain

 

入り口。ここから、やや急勾配の坂を登ります。

f:id:maddiehayes9915544:20170624083348j:plain

 

こんな感じ。おばあちゃんたちが、手すりにつかまって難儀しながら下っていました。

f:id:maddiehayes9915544:20170624083520j:plain

 

「雨にけふる神島を見て紀伊の國の生みし南方熊楠を思ふ」
昭和天皇が、初めて民間人について詠んだ歌だそうです。

f:id:maddiehayes9915544:20170624084539j:plain

 

鬱蒼と茂る森の中に、突如として現れるモダンな建物。建てられたばかりの新館です。

f:id:maddiehayes9915544:20170624084942j:plain

 

壁全体が窓になっている一階。

f:id:maddiehayes9915544:20170624092136j:plain

 

ワーキングスペースも開放感に溢れています。

f:id:maddiehayes9915544:20170624085438j:plain

 

「番所山」とは、この記念館が建っている自然公園です。

f:id:maddiehayes9915544:20170624085800j:plain

 

木製の階段は自然を愛した熊楠の人生のメタファー。それを上がると…

f:id:maddiehayes9915544:20170624090254j:plain

 

熊楠の胸像。作者の保田龍門という人は、熊楠が亡くなった夜、デスマスクをとった人物で、そのデスマスクは展示室にあります。

f:id:maddiehayes9915544:20170624090410j:plain

 

その奥が展示室。ここから先は撮影不可。

f:id:maddiehayes9915544:20170624090619j:plain

 

展示室の中には、読んで暗記して、家で記憶から転写した本や、留学時代の熊楠のノートなど、超人的な記憶力や学習力を示すものなどがたくさん並んでいます。

 

熊楠が発見した粘菌を、顕微鏡で見ることもできます。

 

天皇陛下がこの地を訪れたとき、熊楠が陛下を前にこの地の植物について説明し、珍しい植物標本を献上しました。通常、その種の献上物は桐の箱に入れるのがしきたりですが、熊楠は森永ミルクキャラメルの箱に入れて献上したという、有名な逸話があります。

 

そのミルクキャラメルの箱の実物も展示があります。

 

ネイチャー誌に掲載された記事51本は、個人としては未だに破られていない記録だそうです。

 

一方で天下の奇人でもあり、大英博物館を出入り禁止になったそうです。

 

展示室の前には、こんなにも贅沢なワーキングスペースがあります。

f:id:maddiehayes9915544:20170624091514j:plain

 

そして、屋上からの眺めが壮観。白浜を360度見渡せます。

f:id:maddiehayes9915544:20170624091815j:plain

  

熊楠にゆかりのある土地が示されています。アメリカには6年もいたそうです。f:id:maddiehayes9915544:20170624093509j:plain

 

その後、ロンドンへ。孫文と親交を深め、大英博物館では一目置かれながらも出入り禁止に。

f:id:maddiehayes9915544:20170624092011j:plain

 

日本が世界に誇る偉人、南方熊楠の生涯が、美しい自然の中に佇む美しい建物の中でわかる「南方熊楠記念館」。白浜にお立ち寄りの際は、ぜひ、足をお運びになることをお勧めします。

f:id:maddiehayes9915544:20170624094135j:plain