走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

デブ・スーツのケツの悩みは、これで解消!!『尻シック』「お方さまの苦笑日記」

 

 

 

デブにとってスーツとは、脆く儚い(もろく・はかない)存在です。

 

上着は、常に汗が染み込み、ヨレヨレ

 

腹回りに合わせれば腕が異様に長くなり、丈も長く。パッと見い、上着なのか、コートなのか分からない状態。

 

そしてズボン。今風に言うと「パンツ」ですか?

 

普通の人間でさえ、「ツーパンツ・スーツ」なんてのがあるくらい、ズボンは上着よりも傷みやすい存在なんですね。

 

それはまるで、デブのハートのようだね。

 

さて、ただでさえ傷みやすいスーツのズボン。

 

でも、デブのズボンは、普通の人間とはまた違った傷みかたをします。

 

お尻の、股の部分が擦れて、アッと言う間に生地が摩耗し、破れてしまうのです。

 

これは、どんな高級スーツでも同じこと。

 

僕が某百貨店で靴を販売していたころ。毎月、Grensonという高級靴を買っていってくれる顧客さんがいました。

 

彼も、大柄な体型。

 

ある日、彼がいいました。

 

「きのう買うた〇〇のスーツ、たった1日でケツ破れてもうた‼︎」

 

イタリア製スーツの代名詞とも言うべき最高級スーツの名前がそこにありました。

 

デブ・スーツのケツは、リキんで破れるんじゃないんです。

 

ただ、歩いているだけ

 

それだけで、擦れて破れるんです。

 

歩いただけで破れるなんで、まるでデブのハートのようだね。

 

でも君よ、心配なんかしないで。

 

デブのハートをいやす、君の笑顔があるように。

 

デブのケツには「尻シック」があるのさ。

 

「尻・シック」

 

ケツの病気=痔?

 

違う、違う。オモロイけどその読みはぜんぜん違う。

 

「尻シック」とは、ズボンの股に当てる布のことさ。

 

横文字全盛のファッション業界において、「尻」なんて、身もフタもない呼び方ってどうかとおもうんだけど。

 

「尻シック」は、わずか1,000円程度で、オプションで付けてくれるんだ。

 

わかるかい?

 

尻シックは、尻の病気、どころか、尻の悩みからデブを解放してくれる、ボラギノール的な立場の存在なんだ。

 

だから君よ

 

僕のケツを締め付ける君よ

 

できるならば、ケツで悩むデブにこれを伝えて。

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20170622230504p:plain