走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

エアコンの掃除に挑戦。プロに頼むと15,000円が、自分でやると1,500円!!想像以上に簡単だったけど、思わぬポイントでつまずいた件!!

 

 

 

 

購入して10年以上が経過した我が家のエアコン。フィルターの清掃は毎年行なっているものの、その程度のケアしかしておりません。

 

「吹出口」と呼ばれる部分など、「汚れ」なのか「カビ」なのか、区別のつかないモノがびっしり…。

 

ここ数年、夏にエアコンをつけるたび、空気中に汚れを散布しているようで、気持ち悪く思っていました。

 

友人のブログで、初めて、「エアコンって、掃除できるんだ!」ということを知った始末。

 

allseasonski.com

 

どうやら、プロに頼むと15,000円かかるエアコン掃除が、自分で行うと1,500円で可能、とのこと。

 

ただし、素人が失敗するとエアコンを買い換えねばいけない…。あくまで自己責任。

 

友人ブログの他、「エアコン 掃除 自分で」でググって、出て来たサイトを熟読、失敗する可能性はかなり低い、と判断し、やってみることにしました!!

 

購入したもの@ホームセンター

f:id:maddiehayes9915544:20170622085003p:plain

 

①養生テープ 

ガムテープでも代用できますが、ぜひ揃えておきたい。エアコン周囲にビニール袋を貼り付ける際、とても重宝します。特に基盤部分で重宝しました。

 

ダイヤテックス パイオランクロス 養生用テープ 緑 50mm×25m Y-09-GR [マスキングテープ]

ダイヤテックス パイオランクロス 養生用テープ 緑 50mm×25m Y-09-GR [マスキングテープ]

 

 

②トイレ用ブラシ

僕が購入したタイプはあまり役に立ちませんでした。このタイプがオススメです。

 

 

③すみっこスポンジ

 トイレ掃除用グッズですが、細かい部分はこいつが大活躍しました!!これも、ぜひ揃えたいグッズです。

すみっこスポンジ 7本入

すみっこスポンジ 7本入

 

 

④エアコン洗浄スプレー

いうまでもなく必需品必ず2本1パックになっているのを買いましょう。フィンで1本、ファンで1本使います。

 

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

 

 

その他、掃除中に垂れてくる汚水を受ける巨大ビニール袋を購入すべきか悩みましたが、150リットル×10枚入りしか売ってなくて、1,000円もしたので購入を断念。結果的には、家庭用ゴミ袋3枚で代用できました。もし5枚入りが売っていたら購入していたと思います。

 

業務用ポリ袋 150L 透明 130x120cm 10枚入 TN-36

業務用ポリ袋 150L 透明 130x120cm 10枚入 TN-36

 

 

 

 購入物は以上です。写真の領収書は1,235円ですが、養生テープが含まれていませんので、全部で1,500円程度の買い物となりました。想定通りの金額です。

 

実際の手順

 

エアコン掃除の手順を簡単に説明すると、

 

①外装部分を外す

②養生する(汚水受けビニールの装着)

③冷却フィンの清掃

④送風ファンの清掃

⑤組み立て

 

5段階です。メインイベントは、ですが、基盤に水がかからないことに注意しさえすれば、実はこの③と④がいちばん簡単です。(④は根気が必要ですが…)

 

ところが!!我が家はなんと、ほとんどのサイトがスルーしている

段階でつまずいてしまったのでした!!

 

 

 

①外装部分を外す

ほとんどのサイトがここの部分はスルーしています。動画のアップを見ても、簡単にパコッと外しているのですが、我が家のエアコンはまったく外れませんでした!!

f:id:maddiehayes9915544:20170622092750p:plain

 

ルーバー部分は過去に何度も取り外して掃除しているらしいお方さま。この部分はあっさりと外していました。

f:id:maddiehayes9915544:20170622093048j:plain

 

ぞっとするほどの汚れ。

f:id:maddiehayes9915544:20170622093150j:plain

 

前面パネル、フィルター、ルーバーは取り外し完了。

f:id:maddiehayes9915544:20170622093650j:plain

 

ここで電源を抜きました。いちばん最初にやっておくべきでした。

f:id:maddiehayes9915544:20170622093755j:plain

 

他のサイトでは、上部にある「ツマミ」を押すことで、「カポッ!!」と簡単に外れてくれるはずの外装。しかし、我が家のエアコンは古いせいか、「ツマミ」なんかなく、どうやっても外れません。

f:id:maddiehayes9915544:20170622094457p:plain

 

諦めかけたその時、お方さまが吹出口の下に何かを発見!!

f:id:maddiehayes9915544:20170622095155p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170622095435p:plain

 

同じものが左にもついていました。左右のネジを外します。

f:id:maddiehayes9915544:20170622095627p:plain

 

は…外れたっ(T ^ T)!!

f:id:maddiehayes9915544:20170622095758j:plain

 

力任せに外そうか、としたこともありましたが、もし、そんなことをしていれば、外装は下半分が割れていたことでしょう。

 

1時間を超える格闘の末、ついに外装は外れました。

 

②養生する(汚水受けビニールの装着)

 

f:id:maddiehayes9915544:20170622100853p:plain

 

冷却フィンと送風ファン部分にそれぞれ洗浄スプレーするわけですが、フィンにスプレーした汚水は、ダクトを通って外に排出されます。

 

問題は、ファン部分。洗浄スプレーで落とされた汚水はすべて下に垂れ落ちます。それを受けるビニール袋を装着します。

 

ビニール袋をさいてシート状にし、それを2枚貼り付けます。下の部分、汚水を受け止められる形状に工夫します。

f:id:maddiehayes9915544:20170622101250j:plain

 

念のため、下に新聞紙とバスマットを敷いておきました。やはり、少しだけバスマットに汚水が点々と落ちていました。

 

絶対に忘れてはいけないことが、基盤の養生です。これは、サランラップを使います。しつこいくらいにサランラップで覆い、養生テープで止めました。ここで、養生テープのありがたさを実感しました。

f:id:maddiehayes9915544:20170622110445p:plain

 

左側にも、「風向きルーバー」を動かすモーターの機械部分があったので、念入りにサランラップで養生。

f:id:maddiehayes9915544:20170622110809p:plain

 

さあ!!ここまでできれば、あとは簡単なんです!!

 

③冷却フィンの清掃

 

上部の網のような部分冷却フィンです。ここに思い切って、洗浄スプレーを噴射していきます!!汚水はダクトを通って外に排出されます。

f:id:maddiehayes9915544:20170622113347p:plain

 

この部分はデリケートなので、掃除機でゴシゴシやったりするのはNGとのことです。スプレーの水圧を信じて、洗浄スプレーを1本、まるまる使い切るまで、丁寧に洗いましょう。

 

④送風ファンの清掃

 

ここが根気のいる部分です。汚水は下に垂れ落ちるので、ビニール袋の受けが機能しているか、確認しながら作業を進めましょう。

 

まずは、洗浄スプレーで吹き付け。半分くらいを使うイメージです。

f:id:maddiehayes9915544:20170622114216j:plain

 

スプレー半分使ったら、今度は細かい汚れブラシやスポンジで落とす作業です。お方さまがこだわったのが、奥にある、ローラーの部分。100本以上ある溝を、徹底的に洗っていました。ここで「すみっこスポンジ」が大活躍しました!!

f:id:maddiehayes9915544:20170622115218p:plain

 

作業は単純ですが時間がかかります。丁寧に、40分かけて清掃。

 

あとは汚れを洗い流すため、残り半分をまんべんなくスプレーします。

f:id:maddiehayes9915544:20170622115557j:plain

 

キッチンペーパーで汚れを拭き取って終了です。

 

⑤外装組み立て

 

外枠やルーバーなどは取り外し後、浴室で洗浄していたので、乾いた段階で取り付けます。

 

無事、動きました!!冷気はイヤなニオイもなく、清潔な空気です!!

f:id:maddiehayes9915544:20170622120119j:plain

 

注意!!

 

やり方を間違うとエアコンが壊れますので、買い換える羽目になります。作業は自己責任でお願いします!!

 

所要時間

①外装取り外し 1時間10分
②養生作業 15分
③フィン洗浄 10分
④ファン洗浄 40分
⑤組み立て 15分
合計 2時間30分

 

明らかに①に時間がかかり過ぎですが、あの「隠しネジ」の存在に気づかなければ、永久に取り外せませんでした。

 

①の方法がわかったので、次回は20分で可能なはず。次回は1時間は短縮できるかな、と思います。

 

ここまでするのはめんどくさい…というアナタ

 

③の、フィン洗浄だけなら、①も②も不要です。汚水も外に排出されますが、枠部分にスプレーが当たると、当然、汚水は垂れてきますので、網部分にだけ注意深くスプレーしてください。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170622122103p:plain

 

ファン部分も洗うにこしたことはありませんが、フィルター以外は洗ったことがない、というご家庭も多いはず。エアコン深部のフィン部分はスプレーだけで洗えるので、年に数回はやっておくべきだと思います。

 

みなさんの参考になれば幸いです。