走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

デブとサスペンダーとの関係性は、実はもろ刃の剣なのだ。「お方さまの苦笑日記」

 

 

みなさん。

 

まずは球体を想像してください。直径1m60cmくらい、人間の身長ていどの球形。

 

そして、その赤道から少し下の部分に、ズボン用のベルトをしめる、と想像してください。

 

ベルトは、締まりますか?

 

もちろん、締まるはずはありません。どんなにきつくベルトを締めたとしても、Rを描いているその表面を、ベルトは少しずつずり落ちていきます。

 

デブがベルトを嫌う理由がここにあります。

 

 デブのお腹はほぼ球形になっています。つまり、腰骨ウエストのくびれというものがありません。

 

つまりデブはベルトでズボンがとめられないのです。

 

102kgのデブ時代、ベルトだといつもワイシャツのスソが気になってました。微妙にずり落ちたズボンから、いつもワイシャツのスソが出て、おへそがチラ見えという場面もありました。

 

下手すりゃブリーフがのぞいたりもして。デブがベルトで過ごすと、日常生活が即セクハラになりかねません。

 

そこでサスペンダーが登場するのです。サスペンダーだと、ズボンがずり落ちる心配は皆無。

 

快適なズボン・ライフを送ることができます。

 

しかしながら!!!

 

「じゃあ、サスペンダーで、デブのズボン問題は解決ね」

 

と思ったあなた!!!

 

問題はそれほど簡単ではないのです!!!

 

確かに、ズボンがずり落ちない、という点だけにスポットライトを当てれば、デブにとってサスペンダーは救世主と呼んでいい存在。

 

しかしその救世主は、同時に悪魔にもなる存在なのです!!

 

サスペンダーは、その性質上、デブの上半身にぴたりと密着します。

 

そして重力の法則に従って両肩でズボンの重さを支えることで、デブのズボンを守ります。

 

この、サスペンダーの密着…

 

デブは全身に脂肪という名の分厚いコートを着ています。

 

そのため、デブはいつも暑いのです。

 

サスペンダーが上半身に密着していることで、上半身の皮膚衣服がデブに密着し、空気の流れがなくなり、衣服は汗でビチョビチョになってしまいます…

 

デブとサスペンダーとの関係は、素人が考えるほど蜜月ではない、という話でした。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170611221555p:plain