走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

熊野古道 恩師オクム完走祈願は、世界遺産を参詣ウォーク!!!神秘の森で、ポンコツ夫婦は何をみたのか?! その2

 

f:id:maddiehayes9915544:20170607165922p:plain

 

 

▼その1はこちら。

blog.dietrunner.xyz

 

 

さて、熊野本宮大社、参詣道としての熊野古道は、ここはゴール地点であるわけですが、われわれはここからスタートすることにしました。

 

そのため、まずはここで参詣をすることにしました。

 

▼この鳥居をくぐる時、地元の皆さんは深々と一礼をされていましたので、それを真似て、脱帽し、一礼をして入りました。

f:id:maddiehayes9915544:20170607133101j:plain

 

▼急な石段を登ります。

f:id:maddiehayes9915544:20170607133327j:plain

 

まずはお手水で清めましょう。お手水のやり方については、

 

blog.dietrunner.xyz

 

ここで詳しく説明してあります!!

 

柄杓に直接、口をつけるなんてもってのほかですが、ほとんどのおばちゃん連中は柄杓に口をつけていました。口を注ぐ時は、必ず左手に水をとって、その水ですすいでください。

  

参拝について詳細は、熊野本宮大社のHPをご参照ください!

 

www.hongutaisha.jp

 

f:id:maddiehayes9915544:20170607134537j:plain

 

本宮を出て、最初の王子、「祓殿王子」(はらいどのおうじ)へと向かいます。

 

ここは熊野本宮から数百メートルしか離れていない場所なので、すぐについてしまいました。

 

▼熊野本宮大社から数百メートル、まだまだ森にも入らない、こんな道に…

f:id:maddiehayes9915544:20170607151700j:plain

 

▼こんな立て看板があって

f:id:maddiehayes9915544:20170607151759j:plain

 

スタンプを押す台があります!!

f:id:maddiehayes9915544:20170607151910j:plain

 

下調べ不足のわれわれ夫婦は、各王子がスタンプラリー方式になっていることを知らずに来たのでした。

 

たまたま、リュックの中に入れていたメモ帳があったので、急遽、それを御朱印帳がわりにしました。

 

注意!!熊野古道を歩く/走る際には、必ず御朱印帳を持っていくようにしましょう!!!

 

▼祓殿王子のスタンプ、GET!!

f:id:maddiehayes9915544:20170607152329j:plain

 

僕たちが予定していたコースは、このあと伏拝王子水呑王子、を経て、発心門王子

 

わずか数分で最初の祓殿王子についたので、発心門王子もすぐ到着じゃないかな?もっと目的地を遠くしてもいいのでは?

 

と思ったのですが…

 

次の、伏拝王子に到着するのは、この1時間半後なのでした…(^◇^;)

 

f:id:maddiehayes9915544:20170607154251p:plain

 

▼ついに道は、このような様相を呈し始めました。

f:id:maddiehayes9915544:20170607154529j:plain

 

▼木、しか見えない。

f:id:maddiehayes9915544:20170607154619j:plain

 

木々の一本一本が、同じ大きさで、かつ、どれも垂直に伸びています。

 

おそらく、丁寧にお手入れをされているので、このような美しい木々の森になるんだろうな、と思いました。

 

 

 

▼この道しるべ状のものが、ほぼ50mごとに立っているので、道に迷う心配はありません。

f:id:maddiehayes9915544:20170607154834j:plain

 

 ▼美しい森を歩くと、時間を忘れます。

f:id:maddiehayes9915544:20170607155143j:plain

 

▼正規ルートからちょっとだけ外れる、「ちょっとよりみち展望台」に登りました。けっこうな急坂でした。

f:id:maddiehayes9915544:20170607155336j:plain

 

▼正規ルートに戻ります。こんな道が延々と続き…

f:id:maddiehayes9915544:20170607155607j:plain

 

▼スタートして1時間。「三軒茶屋」に到着。優しいおばちゃんのお店。われわれ夫婦はここを「おばちゃんエイド」と呼んでいました。

f:id:maddiehayes9915544:20170607155855j:plain

 

ここは、熊野本宮大社への道と、高野山へと向かう道の中継点になっています。かつてはさぞ賑わっていた場所だったのだろう、と推察されます。

 

関所がありました。お方さまが指差す方向に進むと高野山です。

f:id:maddiehayes9915544:20170607162536j:plain

 

▼らっきょう、つまませてもらいました、美味しかった!!ニンニクや、ワラジも売っていました。

f:id:maddiehayes9915544:20170607160347j:plain

 

 

▼おばちゃんエイドで梅ジュースをもらいました。120円。普通のお値段でした。おばちゃん良心的。

f:id:maddiehayes9915544:20170607160131j:plain

 

おばちゃんが、「奥にトイレがあるから、使っていき」と言ってくれました。こんな山奥のトイレ、ちょっとオエッかも、と思ったら…

 

▼なんと、「バイオトイレ」

f:id:maddiehayes9915544:20170607161234j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170607160610j:plain

 

水洗式ではありません。フタを開けると、1mほど下に、膨大な量の「おがくず」のようなものが敷き詰められています。

 

そして、用を足し終わると、この「スタートボタン」を押すと…

f:id:maddiehayes9915544:20170607160803j:plain

 

敷き詰められていた「おがくず」状のものが何度も何度も回転し、汚物を包みこむようにして抱き込んでいき、やがて汚物は下の層に消えていきます。

 

匂いも何もしない、とても清潔なトイレでした。

 

「おばちゃんエイド」をでて、20分ほど歩くと、ひらけた場所に出ました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170607161552j:plain

 

▼NHKのテレビ小説「ほんまもん」でロケに使われた場所だそうです。

f:id:maddiehayes9915544:20170607161716j:plain

 

このすぐ横が伏拝王子

f:id:maddiehayes9915544:20170608081437p:plain

 

スタンプ台は休憩所横にあります。

f:id:maddiehayes9915544:20170607163537j:plain

 

▼伏拝王子のスタンプです。

f:id:maddiehayes9915544:20170607163653j:plain

 

京都からの旅人が、かなたに見えた熊野本宮に感動し、「伏して拝んだ」から「伏拝王子」。また、和泉式部がここで生理になってしまい、参拝を断念する決意を固めたところ(生理中の女性は不浄ゆえ神社に参拝できない)、熊野権現(熊野神社に祀られている神様)が快く受け入れた、との伝説があるそうです。グッジョブ!熊野権現!!

f:id:maddiehayes9915544:20170607164210j:plain

 

▼伏拝王子横の休憩所、「伏拝茶屋」。行きも帰りも、なぜかここには白人さんの姿を多くお見受けしました。

f:id:maddiehayes9915544:20170607164457j:plain

 

このあとは水呑王子、と発心門王子ですが…

 

実はこのあと、われわれはちょっとした恐怖体験をすることになります…