走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

僕の体重が、まだ102kgだった頃…「お方さまの苦笑日記」

 

 

妻:あんたがまだ太ってた頃さあ。

 

夫:うん。100kg超えてた頃ね。(今も太ってるけどな!!!)

 

妻:デブ専門店で、4Lとか5LのTシャツとか、よー買うてたやん?

 

夫:そやな。あの頃はさすがに合う服がなかったからな。

 

妻:今もデブやけど。

 

夫:ほっとけ!!!

 

妻:あの頃、よー気に入って着てた、真っ赤なTシャツ、覚えてる?

 

夫:?覚えてないわ〜。

 

妻:お腹のとこに、猫の絵ぇが描いてあるやつ。

 

夫:覚えてないわ。

 

妻:そうなん?めっちゃ気に入って着ててんで。大きさも、いちばん大きくて、ゆるい感じが気に入ってたんやと思う。

 

夫:あっそう。

 

妻:夏になるとそのブカブカの真っ赤Tシャツきて。黒の短パン履いて。当時、めっちゃ気に入って使ってた、小さいカバンをたすき掛けにして。

 

夫:ああ、あのカバンね。

 

妻:どう見ても、ビジネス用のカバンやのに、赤のTシャツに合わしてたな。

 

夫:そうでした。

 

妻:そのいでたちは、どう見ても異様やった…

 

夫:そ、そうなん?!じゃあその時に言えよ!!10年後に言われても!!

 

妻:覚えてる?ある日、アリオ(近所の大型商業施設)にあんたが一人で行って。ペットショップあるやろ?大きなペットショップ。

 

夫:うん、あるある。

 

妻:そのいでたちのあんたが、ペットショップで売ってる子猫が可愛いから、iPhoneで動画を撮影してて…

 

夫:心の優しいデブやんか。

 

妻:

①ニヤニヤ笑いながら、

 

②子猫を撮影する、

 

③ブカブカな真っ赤なTシャツに

 

④ビジネスバッグをかけた、

 

⑤100kg超のおっさんを見た女子高生から、

 

「このおっさん、気持ち悪っ!!」

 

って言われたん、覚えてる?

 

夫:覚えてないけど…

 

妻:めっちゃ、凹んでてんで。

 

夫:…。食べ過ぎには注意します…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170606222114p:plain