走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

「本社のオモロ度の低さは、サイヤ人から見た地球レベル」 お方さまの苦笑日記

f:id:maddiehayes9915544:20170515231523j:plain

 

半年前、某百貨店の支店から本店へと異動になったお方さま。

 

新しい職場はお笑いのハードルが低い、とつねづね不満顔。

 

ある日、職場のデスクに見慣れぬ文房具が置いてあった。それはポストイットだったのだが、極彩色で彩られた、お方さまは見たことがないデザインのポストイットであった。

 

たまたま隣にいたA子さんに、お方さまが言った。

 

妻:これ…フセン、ですねんねえ…。アタシ、何かわかりませんでしたわ…

 

A子:ホンマですねえ〜。こんなカラフルなフセンなんて、誰も使いませんよねえ?

 

妻:いや、志茂田景樹やったら使いまっしゃろ。

 

A子:?!志茂田景樹?!(*≧∀≦*)!!(*≧∀≦*)!!志茂田景樹ってかいな?!信じられへん!!(*≧∀≦*)!!(*≧∀≦*)!!そんな名前!!普通、出てきまへんやん!!(*≧∀≦*)!!(*≧∀≦*)!!あ〜腹イタイ!!志茂田景樹ィィィ??!!(*≧∀≦*)!!

 

はるか向こうにいたB子まで…

 

B子:ええっ?!志茂田景樹って言いはったん??!!(*≧∀≦*)!!志茂田??景樹ィって??!!このフセンみて?!カラフルやから??!!(*≧∀≦*)!!めっちゃおもろい!!池田さん、爆笑クイーンですやん!!(*≧∀≦*)!!

 

この、予想外の大爆笑に、お方さまはただ呆然と立ち尽くすのだった…

 

「…志茂田景樹って言うただけやん…。何にもオモロイこと言うてないやん…オモロ度を計測するスカウターあったら、オモロ度2%やで…。この子ら、オモロ度低すぎるわ…」

 

地球人を見下すベジータのように、本社勤務の人間のオモロ度の低さに驚くお方さまなのだった…