走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

水都大阪ウルトラマラソン外伝2・大会のゴミを劇的に減らすヒントが、水都ランナーにあった!!佐田さんの意見に共感した水都ランナーは、地味に、でも着実に、「水都スタイル」を広めている!

 

水都大阪ウルトラマラソンでは、「帽子の『つば』部分に洗濯ばさみでマイコップを留める」というスタイルで走るランナーさんを、とても多く見ました。

 

▼こんな感じです。

f:id:maddiehayes9915544:20170425113603p:plain

▼このランナーさんは、サンバイザーのベルト部分に挟んでらっしゃいました。

f:id:maddiehayes9915544:20170425113838p:plain

 

主催者の佐田さんが、ランナーへのお願い事項として、

 

「ミックスジュースを飲んだ紙コップで、水を飲め、とは言いません。でもせめて、水を飲んだ紙コップが、まだ綺麗なら、同じコップでコーラを飲んで欲しい。そうすることで紙コップの使用量が減るし、ゴミも減る」

 

という趣旨のことを、去年、おっしゃられたように思います。

 

某マラソン大会、僕は大好きな大会なのに、給水所で狂ったように散乱している紙コップのせいで、明らかにイメージを悪くしてしまっている、そんな大会もあります。

 

トレイルやウルトラでは、マイコップで給水という考え方って、もうかなり浸透していると思います。

 

リュックに、金属製のマイカップを金具で留めた、その音が、走りながら「カン、コン、キン」というリズミカルな音をさせてるランナーさんって、なんかそれだけで一流って感じがします。

 

でもまだまだ、一般の市民ランナーには浸透していないのが実情。

 

テレビで見た一流ランナーの真似をして、給水後、紙コップをアサッテの方向に投げ捨てる、そんなマナーのないランナーも散見されます。

 

もちろん、「帽子に紙コップ」パターン、水都に限ったスタイルではないでしょうが、他の方に聞いても、

 

「他ではあまり見ないけど、今回の水都ではかなり多くのランナーがこのスタイルだった」

 

との感想の声をよく耳にしました。

 

このスタイル、「エコ」だし、「粋」だし、めっちゃかっこいいと思います。

 

一般の大会でも普及して、あの見苦しい給水所のゴミが少しでも減ればいいなあ、と思います!!

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール