走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

お方さまの苦笑日記 「謎の遊び・『ねごにゃん』!!の巻」

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420224155p:plain

 

妻:小学1年の頃やけどな。

 

夫:またかいな!!どんだけ濃密やねん、アンタの小1って?!

 

妻:八尾市の渋川町ってとこに住んでてん。

 

夫:オレが入院してた、八尾市立病院のそばやね。

 

妻:うん。渋川町の4丁目のぼろアパートに住んでてん。

 

夫:そうなんや。

 

妻:そのぼろアパートに住んでた子供たちの間で大流行してた遊びがあってん。

 

夫:お、なになに?「はないちもんめ」とか?

 

妻:ちゃう。

 

夫:「鬼ごっこ」とか?

 

妻:ちゃう。

 

夫:「ハンカチ落とし」とか?

 

妻:ちゃう。

 

夫:降参降参。何よ?

 

妻:「ねごにゃん」。

 

夫:…。え?

 

妻:「ねごにゃん」。

 

夫:聞いたことないわっ!!

 

妻:知らんの?

 

夫:知るかっ!!

 

妻:さすが田舎やなあ、奈良は…

 

夫:奈良のせいちゃうで!大人になってからも聞いたことないって!

 

妻:地面にチョークで線を引くねん。2m×4mくらいの長方形。

 

夫:ふんふん。

 

妻:さらに、中を区切るように線を引く。こんな感じや。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420221338p:plain

 

夫:ドッジボール?テニス?それっぽいコートやな。

 

妻:まあそんな感じやな。

 

夫:ウンウン、それで?

 

妻:それぞれの陣地に子供たちが立って、全員がおんなじ方向を向くやろ。

 

夫:ウンウン。

 

妻:ボールを持ってる子ぉが、陣地の外から向かい合わせに立って。

 

夫:ここまではほぼドッジボールと同じやな。

 

妻:次の瞬間や。

 

夫:うん?どうするの?

 

妻:『ねーご・にゃんっ!!』って全員で叫ぶねん!!

 

夫:ぜ、全員で?!

 

妻:そう!全員で!!

 

夫:斬新かもっ?!

 

妻:その唱和を合図に、ボール係は地面にボールを転がす!!

 

夫:転がすんや!投げるんじゃなくて?!

 

妻:そう!投げたらアウト!

 

夫:手ぇで、転がすねんな?

 

妻:手ぇや!もちろん!足はアウト!

 

夫:で?

 

妻:敵は、転がってきたボールに触れた時点でアウト!

 

夫:触れたらアウト?

 

妻:そう!

 

夫:転がってるボールに触れるって、足だけやんなあ…

 

妻:…。

 

夫:いくら子供でも、それは避けれるんじゃないかなあ…。

 

妻:…。

 

夫:触れたらアウト、っていうことは、守備側は永遠に守備だけやん?ドッジみたいに、ボールを奪取したら攻撃に移れるわけでもなく…。

 

妻:そ、そう…。

 

夫:…その遊び、おもろいか?

 

妻:じ、実は…

 

夫:実は?

 

妻:アタシ、小1やったから…。

 

夫:やったから?

 

妻:「ねごにゃん」のルール、よお分かって無かってん!!

 

夫:…ええっ?ルール分かってない遊びに参加してたん?

 

妻:そうやねん!ついに告白するわ!!この事実!!

 

夫:オレに告白されても…。

 

妻:どうせアタシはいちばんチビやったから、おってもおらへんでもどっちゃでもよかってん。

 

夫:そんな寂しいこと言うなよ…。

 

妻:だからルールなんか知ってようがみんなにとってはどうでもよかってん!

 

夫:そんなことないって!

 

妻:ちなみに、小2になって、4丁目から7丁目に引っ越してん。

 

夫:そうなんや。

 

妻:7丁目では、「ねごにゃん」はまったく流行ってなかった!!

 

夫:たぶん、日本中で、渋川町4丁目だけで行われてた球技やってんやろな…。

 

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール