走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

水呑地蔵へ。なんちゃってトレラン14kmは、清らかな緑と水と、在原業平のロマンに包まれた山の道を走る!

 

水呑地蔵まで走ろうと思い立った。

 

山のふもとから水呑地蔵院まで至るハイキングコースは、ちょっとしたトレイルラン気分を味わえる登山道だ。

 

最後に登ったのは、もう5年以上も前。道、覚えてるかなあ〜。

 

まずは玉串川にかかる「桜並木橋」。こいつを渡って、右手に山本高校のテニスコートを見ながら、山へ。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420133820j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420164416p:plain

 

あとはただまっすぐ、山に向かって走れば良いだけ。

 

あんなに遠くに見えた山が、

f:id:maddiehayes9915544:20170420134658j:plain 

f:id:maddiehayes9915544:20170420164844p:plain

 

どんどん近くになってくる。

f:id:maddiehayes9915544:20170420134745j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420172142p:plain

 

さらに近くに。

f:id:maddiehayes9915544:20170420134842j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420163652p:plain

 

やがてクルマの往来はなくなり、山のふもとの風情。

f:id:maddiehayes9915544:20170420141532j:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420172246p:plain

 

さらにまっすぐ進むと、分岐が。

f:id:maddiehayes9915544:20170420141609j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420163842p:plain

 

道標(みちしるべ)があるので見てみよう。

f:id:maddiehayes9915544:20170420141707j:plain

 

水呑地蔵は右のようだ。

f:id:maddiehayes9915544:20170420141927p:plain

 

勾配はかなり急になってくる。

f:id:maddiehayes9915544:20170420142129j:plain

 

延々と登る。この辺りにお住いの方は、かなり強靭な足腰をお持ちなんだろう!

f:id:maddiehayes9915544:20170420142811j:plain

 

写真は撮り損ねたが、小学生の男の子が、飛ぶような足取りでこの道を下りながら、「こんにちは!!」と挨拶をしてくれた。まるで小さなキリアン・ジョルネのように、急坂を下っていった。

 

やがて、小さなお堂が出てくる。神立辻地蔵。

f:id:maddiehayes9915544:20170420143123j:plain

水呑さんまでの無事を祈願して。

f:id:maddiehayes9915544:20170420143233j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420144105p:plain

 

車道を横切り、いよいよ山の中へ。

f:id:maddiehayes9915544:20170420144539j:plain

 

山の入り口、神立茶屋辻は、実は在原業平が足繁く通った場所。

 

『君来むといひし夜毎に過ぎぬれば頼まぬものの恋つつぞ経る』

『あなたが来ると言ったのに来ないまま、幾夜も夜が過ぎていく。この頃はもうあきらめたけれど、恋い焦がれながら時は過ぎていく』

「君」とは在原業平のことで、業平はここの女性の元に足繁く通っていたが、心変わりをして本妻の元に帰ってしまった。残された女性が業平を思って読んだ、伊勢物語に残る有名な歌は、ここで読まれたらしい。

f:id:maddiehayes9915544:20170420150037j:plain

 

業平はイノブタと出くわしたのだろうか…

f:id:maddiehayes9915544:20170420150126j:plain

 

さあ!山に入ろう!

f:id:maddiehayes9915544:20170420150220j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420164100p:plain

 

ホトトギスが清らかにさえずっている。

f:id:maddiehayes9915544:20170420150321j:plain

 

20mごとに、なぜかお地蔵様が鎮座されている。

f:id:maddiehayes9915544:20170420150515p:plain

 

かなりの急勾配だ。

f:id:maddiehayes9915544:20170420151218j:plain

 

杖をついたおじいさん。この上に家はないはず。水呑さんまでお参りに行かれたとしか考えられない…

f:id:maddiehayes9915544:20170420151328j:plain

 

直角に曲がったり。

f:id:maddiehayes9915544:20170420151413j:plain

 

なんと、前方を自転車が!(◎_◎;)抜くときに挨拶したけど、マウンテンバイクではなかった。

f:id:maddiehayes9915544:20170420151513j:plain

 

鐘堂が見えてきた!もうすぐそこだ!

f:id:maddiehayes9915544:20170420151638j:plain

 

と思いきや、急坂が立ちふさがり、なかなかつかない!

f:id:maddiehayes9915544:20170420151851j:plain

 

さらに登れば十三峠に合流できる。

f:id:maddiehayes9915544:20170420151951j:plain

 

やっと到着。

f:id:maddiehayes9915544:20170420152018j:plain

 

弘法大使が、十三峠を越える旅人のために、祈願して得た霊水が湧く祠がある。

f:id:maddiehayes9915544:20170420161336j:plain

f:id:maddiehayes9915544:20170420164303p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420161713j:plain

 

ちょっとガスっているが、あべのハルカス、大阪湾の向こうに淡路島が見える。

f:id:maddiehayes9915544:20170420162303j:plain

 

えっ、生水飲んじゃダメなの?!でもゴクゴク飲みましたが、お腹はなんともなかったですよ。

f:id:maddiehayes9915544:20170420162433j:plain

 

下から見えた鐘堂。鐘、ついてきました!

f:id:maddiehayes9915544:20170420162708j:plain

 

ここまで、7kmちょっと。実際に山道になってからの距離は2kmちょっとで、本当に「なんちゃってトレラン」と言ったところだ。累積標高差は320m程度。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420163018p:plain

 

ここからきた道を下るのだが、真に負荷がかかるのは下り。

 

下りの走り方にフォーカスし、ゆっくりだけど、フォームを正して走る。

 

傾斜角に対して体軸を直角にして走る。大腿四頭筋に負荷がかかるのがわかる…

 

この翌日。かなりの筋肉痛に悩まされています…(^◇^;)

 

たった2kmの下りなのに、ここまで足が痛いとは…(^◇^;)

 

衰えている、情けない…

 

しばらくは、ここをホームコースにして、また1から鍛え直すか!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170420171735p:image

f:id:maddiehayes9915544:20170420171749p:image

f:id:maddiehayes9915544:20170420171806p:image

f:id:maddiehayes9915544:20170420171821p:image

f:id:maddiehayes9915544:20170420171832p:image

f:id:maddiehayes9915544:20170420171841p:image

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール