読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

昨夜!!タイイチで走ってみました!!その感想は…

f:id:maddiehayes9915544:20170328111507p:plain

腰から下はタイツ一枚でランニングするいでたち。

 

その名も「タイイチ」。

 

昨日、タイイチに関するブログを書きました。

 

特に女性は、腰から下には、男性のようなもっこりもなく、健康美も強調されるので、もっと流行ったらいいなあ!

 

という僕の、(決して"ちょいエロ"的な視点は盛り込んでいない)希望を書かせてもらった記事です。

 

男性のタイイチは、女性目線ではあまり望まれていない、とも書きましたが、同時に、タイイチなんて言葉が流行りだすずっと前から、ウルトラなどを主戦場とされている多くの男性が、すでにタイイチで走られている現状も書きました。

 

すると、ロードを主戦場とされている方でも、タイイチ大好き、という男性ランナーからもたくさん反響をいただきました。

 

では、タイイチの魅力ってなんなのだろう…

 

お前は自分が知らないことを、偉そうに書いていいのか…

 

お前のタイイチ姿など誰も見たくないが、経験もしておくべきだ。

 

お前も今すぐタイイチで走るのだ!!

 

と、ブログの神に言われたような気がしました…

 

そこで昨夜、誰にも見られぬよう、夜のトバリがおりた20:30ごろに、下半身はアンダーアーマーのタイツだけで、上はなるべく大きめのウインドブレーカーを着て、いざ!ランニングコースに!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170328093441j:plain

 

ファーストインプレッション

 

真っ先に感じたことは、

 

「寒っ!」

 

でした。

 

普段は重ね着で腰に穿くランパン、防寒効果があるものではありませんが、やはりあるのとないのとでは、腰から下に感じる寒さがぜんぜん違いました!

 

そして、ランニングスタート。

 

 僕は心拍数をランニング時の基準にして走っています。

 

①0分〜10分 110bpm

②10分〜20分 118bpm

③20分〜30分 123bpm

④30分〜40分 118bpm

 

を目安に走りました。

 

 

注意したことは、新しい経験にテンション上がりすぎて、無理して、どこかを痛める。そんなことになったら本末転倒も甚だしいので、スタート直後はなるべくゆっくり。

 

それでも若干、テンションは上がりました。

 

まず①の段階。

 

走り始めて気がついたことは…

 

「腰回りに何も着用していない」ということが、こんなにも開放感があるのか!ということでした。

 

それもそのはず。僕にとってのランパンは、半分は「物入れ」として機能しています。

 

ケータイ、鍵、小銭。ケータイは、防水用のカバーをしているので、普段に二倍の重さ。

 

それらを入れて走っているので、やはり、重量感を感じたり、走るたびの揺れを感じたりしていたのでしょう。

 

腰回りの開放感は爽快でした!

 

(ではこの日、鍵やスマホはどうしたのか?というと、スパイベルトを腰に巻いて走っていたのでした。久しぶりにスパイベルトを装着しました!)

 

 

②の段階になると…

 

「足が軽い」という印象を強く持ちました。

 

これも、①と同じく、腰回りに何もないという状態が、そう感じさせているのだと思いました。

 

とにかく、足を動かす際に、邪魔モノが何もない状態です。足の動きがとてもスムースなので、足が軽い、と思ったのだと思います。

 

③の段階になると…

 

足の動きのスムースさについて、より深い考察ができるようになりました。

 

下半身に、纏っている邪魔モノが何もない。

 

では全裸と同じか?というとそうでもなく、まず男性自身はきっちりとホールドされているので余計な揺れもなく、また何より、臀部や太ももなども、適度にホールドされているので皮膚や筋肉の揺れもなく、それゆえの下半身の動かしやすさ、という、未だ経験したことのない足の動きを経験している!という思いでした。

 

つまり、全裸よりも走りやすい、全裸よりも邪魔モノが何もない!

 

という、究極の下半身!!

 

それがタイイチなのだっ!!

 

そして、以上のような足の動きにより、

 

フォームを意識することが、とても容易いように感じました!

 

僕はPose Methodという走り方を実践しています。

 

着地は体軸の真下。

 

着地と同時に、足は蹴らずに踵をあげるイメージ。

 

あげる踵は、軸足の脛の上を上がるイメージ。

 

下半身がタイイチで解放されると、自分の足の動きが脳内でイメージとして描きやすくなり、したがってフォームを修正することがたやすく感じました。

 

④の段階は…

 

クールダウンの段階なのですが、それまでが順調に、軽快に、走れたので、なかなかクールダウンまで心拍数が下がらず苦労しました(^◇^;)

 

f:id:maddiehayes9915544:20170328110247j:plain

 

こうして、僕の初めてのタイイチランニングは終わりました。

 

そのことを帰宅したお方さまに報告。

 

特に、タイイチによりフォームが意識しやすくなる、フォーム修正がたやすくなる、という部分に興味津々のご様子で…

 

次回予告!!

 

果たして、いつになるかはわかりませんが!!

 

お方さまもタイイチで走ってみる!とのことです!

 

その時の模様は追ってご報告いたします!!

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール