読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

ネタバレ注意!!映画「かずら」(2010年)さまぁ〜ず主演の、コンプレックス克服映画!!

f:id:maddiehayes9915544:20170323172936j:image

 

お笑いコンビ・さまぁ〜ずが大好きです!

 

さまぁ〜ずコントライブのDVDは全部見てます。もちろん直接みにいければこんな嬉しいことはないけど、プラチナチケットなので手に入るはずもなく。

 

さまぁ〜ずのコントの特徴は、ゆるーい雰囲気の中で、ツッコミの三村の攻撃的なツッコミで、ツッコミでも笑いが取れ、それに負けない大竹の波状攻撃的なボケ。

 

でも、どこかに漂う優しさ。

 

コントライブは、すべてのコントがどこかで繋がっていて、ラストのコントでは、笑いながら、ちょっと切なくなってしまう…

 

そんなさまぁ〜ずが2010年に主演した映画「かずら」。

 

お笑いグループが映画に出るって、昔からありました。ドリフも、クレイジーキャッツも。

 

でも、最近の、お笑い芸人の映画へのアプローチって、なんか少し変わってきていて。

 

北野武黒澤明に認められ、フランスから勲章もらったりして、他のお笑い芸人さんも、芸術家的な方向性で映画にアプローチしています。

 

武さんの才能に影響され、追随し、さも自分も武さんと同じような才能があると、世間にアピールしたがっているお笑い芸人の多さに、すこし辟易としてしまうことがあります…

 

しかし、この「かずら」は、そんな類の映画ではありません。さまぁ〜ずの世界観が見事に映画になった、笑いとペーソスにあふれた、コメディ映画です。

 

この映画のテーマはズバリ、

 

「薄毛」。

 

僕自身も、もう高校のころからやばくなってきた薄毛人間なので、よく分かる悩みです。

 

ただ、僕の場合は、幸か不幸か、薄毛に対して、なぜかそれほどコンプレックス的な気持ちが生まれませんでした。

 

鏡をみるたび、

 

「あ〜あ(T . T)」

 

な気持ちにはなりましたが、だからと言って、その悩みで、夜も眠れず、いてもたってもいられない、ってほどの悩みにはなりませんでした。

 

でも、世の中には、それで悩んで悩んで、悩み抜いてる人もいます。

 

「そんなことで悩んでもしょうがない!」

 

とか、

 

「薄毛の方がセクシー!」

 

とか、いくら言っても無意味でしょう。コンプレックスなんて、理屈じゃないんだから。

 

映画の中で、「かつらあるある」がたくさん紹介されていて、愛人と海外旅行へ行く際、ゲートでかつらの金具に金属探知機が反応し、愛人やほかの乗客の目の前で、

 

「外してもらえますか」

 

と忠告されるシーンは、ゾッとしました…

 

ただ、このかつらってやつ、洋の東西を問わず、笑いのネタになってしまうこともまた真実で…

 

ただ、それを気にしている人には残酷な笑いになってしまうわけで。

 

本作のクライマックス、愛する女性に、かつらであることを告白し、女性に去られた三村が、涙を流しながら、

 

「なんで、薄毛ってだけで、こんなに苦しまなけゃならないんだよ…なんで、ハゲなんかに産んだんだよ!」

 

と両親に訴えるシーンはグッときました。

 

大竹演じる、個人経営のかつら屋さんが、乾物屋さんや、靴の修理屋さんも兼ねていて、大竹に恋の相談をしている三村のところに、美女が続々と、だし昆布を買いにきたり、靴のヒールの修理依頼にくるシーンなんか、笑い転げました。

 

決して、かつらの人を馬鹿にしている映画ではなく、そのコンプレックスに寄り添いながら、さまぁ〜ずらしい笑いに包まれ、最後は笑いながら泣いちゃう映画です。