走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

篠山マラソン後記・走り去るものは、やがて愛おしき

 

f:id:maddiehayes9915544:20170307174102j:image

 

篠山マラソンの応援に行って感じたことは、その素朴さでした。

 

応援で参加しただけの印象では、かなりの山奥、田舎道を走る、という印象があります。

 

しかし、だからこそ逆に、エントリー代が5,800円という格安の値段で設定できるのだと思います。

 

 

僕は今回初めて応援で参加したので、全コースを走ったわけではありません。だから走ればどんな風景に出会うのかは、全くわかりません。

 

しかし、

 

「日本に来たからには、この景色を見ておかないと!」

 

と外国人旅行者に自慢できる風景に出会えるとは、正直なところ思えません。

 

先日参加した京都マラソンの、外国人参加者はなんと2,600人いたらしいです。

 

篠山マラソンを走っていた外国人ランナーは…

 

アフリカ系の男性が1名、これははっきりとわかりました。あと1名、アングロサクソン系の男性がいらっしゃったような気がします。

 

アジア系の方は、正直なところわかりませんでした。いらっしゃったのかもしれませんが、派手な台湾国旗をあしらった台湾ランナーのような、よく他の大会で見るランナーさんは皆無でした。

 

篠山マラソン外伝にも書きましたが、先導車は篠山市の備品と思しき軽トラックです。

 

つまり何が言いたいかというと…

 

それは、すべての虚飾を振り払った、真のマラソン大会であった、ということです。

 

大都会のど真ん中を、派手な交通規制を行なって走る大会ではありません。

 

山奥で、交通規制をかけても、大きな影響もないため、エントリーフィーは安く設定できる。

 

だから逆に、海外からわざわざ参加するほどの魅力はない。だから外国人の参加者は少ない。

 

そこに集まってくるのは…

 

本当に、走ることが好きな、ラン馬鹿たち。

 

制限時間5時間、これは練習を積まないと突破できる時間ではありません。

 

最近、どこかの有名雑誌記者が、練習なしで東京マラソンを完走したという、あまり面白くない記事を書かれていましたが、そんな生半可な態度で走破できる大会ではありません。

 

走ることが好きだ、それ以外のモチベーションだと、参加する気が起こらないのも当然です。

 

仮装率も低かったです。走ることへの真摯な態度が、このことからも伺えます。

 

でも、仮装して走ったランナーはふざけていたのか?

 

いいえ、思い出そう。制限時間は5時間なんだ。ふざけ半分で完走できる大会じゃないんだ。仮装で走った連中も、その姿で完走できる自信があったからそうしたんだ。

 

その証拠に、仮装してた連中に、

 

「カエルのやつ〜!!ガンバレーー!!」

 

「お猿さん〜〜!!ガンバレーー!!」

 

そう叫ぶ僕たち応援者に対して、仮装ランナーたちが

 

「ありがとう〜〜!!頑張るデェ〜!!」

 

と声援返しをしてくれた率は、完全に100%、仮装者は全員が声援に応えてくれました。

 

僕たちは、36km関門の60メートル手前にいました。

 

15時10分に関門が閉まります。

 

僕たちはカウントダウンがわりに、

 

「あの信号まで!あと2分!とにかくあそこを越えろ!!」

 

「あと1分!あの信号まで!!走れ!走れ!」

 

そう叫びました。その声を聞いて、走りを速めなかったランナーはいなかった。

 

そんなギリギリランナーは、けっこう限界に近かったはず。でもその声を聞いて、諦めようとしたランナーはいなかった。

 

みんなが自分にムチを入れ、最後のスピードアップをはかっていました。

 

でも、多くのランナーが、信号前でアウトになっていました。

 

あきらめずに、関門へと挑んだラン馬鹿たちを、僕は愛おしく思いました。

 

兵庫県の、イノシシが出るような山奥で、ひっそりと行われていたマラソン大会。

 

そこで見たのは、本当に走ることが好きなラン馬鹿たちでした。

 

関門をあきらめなかったランナーたちでした。

 

走ることが好きだ、素朴なランナーの思いが、そこにありました。

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール