走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

僕とお方さまの、"HANA-BI"旅。 再び、生きるための旅日記・0日目 【旅のイントロダクションの巻】

 f:id:maddiehayes9915544:20170228093332p:image

 

 

去年、2016年10月14日金曜日。

 

僕とお方さまは旅に出ました。

 

その一ヶ月半前に、長らく勤めた会社を退職し、

 

そのちょうど一ヶ月前に心臓の手術を受け、

 

遅まきながら、人生のやり直しを図りました。

 

もし、仕事を続けていたら、(深くは言いませんが、けっこう「シンドイ」会社でしたので…(^_^;)ぜったいに叶わなかったろう、4泊の旅行です。

 

その旅行には、実はお手本がありました。それは…

 

1998年、北野武監督作品

 

HANA-BI」。

 

第54回ヴェネツィア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)受賞作品。

 

黒澤明が選んだ百本の映画」選出。

 

名画中の名画です。

 

この映画には、人間の感情のすべてが、絶妙のバランスで混ざり合っています。

 

怒りや暴力だけではなく、夫婦の愛、友情や別離と遺された者への哀しみや憐憫。さらに、その中に絶妙にブレンドされた、芸人たけしとしての笑い。

 

物語の中盤から後半。たけし演じる主人公・西は、刑事を辞め、銀行を襲い大金をせしめます。そしてそのカネを、殉職した同僚の家族と、半身不随になった同僚へ贈り、残ったカネで、クルマを手に入れ、不治の病に侵された最愛の妻と2人で、最後の旅にでます。

 

あの旅に、僕はずっと憧れていました。

 

セリフはほとんどないものの、夫婦の互いへの愛に溢れた、悲しくも可笑しく、美しい旅。

 

僕は仕事のストレスが原因で心臓に異常をきたし、管を入れ、心臓の一部を焼きました。

 

寿命を縮めかねない仕事に見切りをつけました。

 

今の僕は西と似た境遇です。違うのは、僕の妻は元気だという点です。

 

西とその妻は、いわば死ぬためにあの旅に出ました。

 

だから、僕と妻は、再び生きるために、あの旅に出ようと思います。

 

ただ、銀行強盗はしていないので、西みたいに、温泉旅館とかは泊まれないけど(^^;;お方さまゴメンね(^^;;

 

フェイスブックにアップしていた日記を、加筆・修正して、ブログにも載せていこうと思います。

 

(旅日記・1日目に続く)

 

dietrunner.hatenablog.com

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール