走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

「老祥記」に行ってきました!神戸南京町の老舗豚まん

 

f:id:maddiehayes9915544:20170223191850j:image

 

久しぶりに神戸に行きました。市立博物館の「古代ギリシャ展」を見に行ったのですが、どうせなら南京町に寄ろう、ということで、これまた久しぶりに南京町へ。

 

横浜の中華街は、そのまま「中華街」と呼ぶのだと思いますが、神戸の中華街は「南京町(なんきんまち)と言います。横浜の中華街は、明らかに一つの街を形成していますが、神戸の南京町はあれに比べるとコンパクトです。

 

その代わりあちらこちらから伝わってくる熱気は、かなりのパワーとなって押し寄せてきます!実は僕も、ここで飲食をするつもりはなかったのですが、気がつくと料理屋さんに入っていました(笑)

 

で、思い出したのが「老祥記」さん。そういえばもう何十年も食べていない。

 

傍にいるお方さまに聞いたところ、以前、お方さまと南京町に来た時は、たまたま定休日にしている店が多かった日だったようで、お方さまは南京町がほとんど初体験だったようでした。

 

だから、「「老祥記」の豚まんを食べよう」と言っても、

 

「?なにそれ?」

 

な反応でした。ちょっと驚きでした。

 

関西人なら、行ったことはなくても名前くらいは知っててもエエやろ、というくらい有名なお店です。

 

僕自身、最後に食べたのは…たぶん20代の頃。もう20年以上前の話。正直、味なんて覚えていません。この機会にぜひ、食べてみたい!

 

実はこの直前に中華料理でお腹を満たしていた僕たちですが、「老祥記」の豚まんはとても小さいことで有名です。キット食べれるはず。

 

「行列ができてるはず。並ばなあかんよ」

 

と、店の前まで近づいてみると…

 

「あんまり並んでないわ」

 

とお方さま。平日は、それほどでもないんや…

 

と思ってよくみると…

 

違うのでした。お店は、通りの前。警備員さんがいて、通りの通行の邪魔にならないように、行列を分断させ、向こうにさらなる行列があるのでした。

 

「もーえーやん〜」と、その行列に萎えた感のあるお方さまでしたが、僕はどうしても食べたかったので、並びました。

 

水曜日の12:58分。「老祥記」の行列

f:id:maddiehayes9915544:20170223183817j:plain

 

平日の昼間でしたが、修学旅行生も散見され、行列は30mくらいはありました。でも、順番はけっこうすぐに回ってきました。待った時間は15分弱。

 

値段は、1個90円。

 

そう、書き間違いでも、見間違いでもありません。1個90円。

 

この安さも人気の秘密でしょう。ただし、販売は3個から。

 

待った時間、ここまで約10分。

f:id:maddiehayes9915544:20170223192026j:plain

 

若い頃の思い出では、テイクアウトで歩きながら食べた記憶なんですが、イートインスペースがあるのは知りませんでした。どうせなら、熱々をイートインで食べた方が美味しいに決まってる。

 

行列の隙間を縫うように設置してあるテーブルに座り、店内で食べることに。

 

席についてみると、ほとんどのお客さんはテイクアウトを希望されているので、回転が早く、待ち時間もそれほど長くないのでしょう。

 

我々のような観光客は3個を注文する人が多かったですが、地元民と思しきおばあちゃんなんかが、

 

「30個と、20個」

 

とか、大胆な単位で注文していたので、地元民にも愛されてるんだな、と思いました。

 

ただ!どうせならイートインがオススメです!

 

お茶が出てきますが、これがまた美味しい。

 

ジャスミン茶と烏龍茶をブレンドしてるのかな?絶妙な味。ただのお茶にも手なんて抜いてません。

f:id:maddiehayes9915544:20170223184944j:plain

 

イートインも最低3個。ですので我々も、3個1皿を2皿、注文。

 

1分もしないうちに出てきました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170223185343j:plain

 

「しっかり味がついていますから、まずはなにもつけずに食べてくださいね〜」

 

とのアドバイスが。

 

ひと口、パクリ。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170223185626j:plain

 

皮にも、餡にも、濃厚な味が染み込んでいます。お方さまは、タレとか、カラシとかをつけていましたが、僕はなにもつけずに食べました。

 

前述しましたように、地元のお客さんが、大量に買っていく、ということは、味と値段が釣り合っている、と思っていいのではないでしょうか。

 

観光地で有名なお店って、いわゆる「観光地プライス」になって、地元民からは敬遠されがち。だから地元の人も買いに来るって、良いお店だなあ、と思いました。

 

3個で270円ですが、味が染み込んだ厚い皮、肉汁溢れるたっぷりの餡、これを3個食べると、かなりのボリューム、普通の豚まんの1個以上のボリューム感です。

 

すっかりファンになりました。またぜひ行きたい〜

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール