読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

今をさかのぼること4年前。2013年3月10日。第二回京都マラソン。応援団長に任命された僕は、超・方向音痴。応援ルートを、どうやって決めたのか…

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20170221162334j:image

先日書いた、京都マラソンの応援ポイントについて、という記事が、けっこうご好評いただいたようでした。 

 

dietrunner.hatenablog.com

 

この応援ポイントを考えたのは、実は今から4年前。

 

以下は、4年前の2013年3月10日に、フェイスブックに投稿したものです。

 

僕の所属するチーム・ラン友で、なぜか京都マラソンの応援団長に任命されてしまった…

 

超がつく方向音痴の僕。日本中から来るランナー、応援者たち。

 

みんなを満足させる応援が、僕にできるのか…

 

でも、一ヶ月前に東京マラソンを走った僕は、ラン友東京大応援団に強く感激していたのでした。

 

あの真心をお返ししたい。

 

その一心で、引き受けました。

 

4年前の、応援団長奮戦記です。

 

 

 

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20170221164721j:plain

 

今だから白状しますが、実は僕、異常なまでの方向音痴(^^;;

 

カーナビやスマホの登場前は、家の近所で道に迷うこともしばしばでした。

 

ですから今回、ある方から

 

京都マラソンの応援団長やって!」

 

と言われたとき、少々戸惑いました。

 

みんなを率いて、応援ポイントから次のポイントへ移動、それも、先頭ランナーが通過前に到着しないといけない…

 

正直、最も不得手とするところ…(^^;;

 

でも、関西ラン友3大巨頭、MッチとMちゃんとTTさんがランナーとして出走する以上、去年も京都の応援した僕がやるしかない。

 

さらに東京でのあの大応援団!みんながくれた熱い応援はいまもハートにガッツリ残ってる!特に41km地点のTさんの,

 

「魂のハイタッチ」!

 

あのハイタッチに代表される、東京マラソン大応援団の「真心」は、僕の心の奥底まで届きました。あのお返しをしないといけない!

 

方向音痴とかヘチマとか言うてる場合じゃない!

 

ことわれば男がすたる依頼です。僕はもちろんOKしました。

 

今は地図アプリも、Googleストリートビューもある。営業職なんで、時間みつけて調べたら良い。

 

そう思ってましたが…

 

「貧乏ヒマなし」とはよく言ったもの。先々週から先週にかけて、仕事が妙に忙しく、調べ物に費やす時間もなく、おまけに休日出勤まで…(^^;;

 

とにかくラン友に投稿し、参加メンバーを募りました。ランナーであれ、応援であれ、参加表明くれたみんなに一つのFacebookメッセージを送るようにしました。スレッド名は「京都マラソン共同体」。

 

このスレッドが思いのほか、活躍してくれました。

 

関西圏外から来られるメンバーが、関西のICカードについて質問すると、関西メンバーが即、返答してくれたり、当日朝、電車もどこどこから乗ると激混みなど、みんながリアルタイムで情報を共有できました。

 

しかし、最大の問題は、「応援団はどこで応援したらいいのか?」です。

 

僕の数少ない経験をもとにしても、ランナーが最も応援してほしいのは、35kmあたりではないでしょうか。ゼッタイ、その辺りにいないといけない!

 

まず第一ポイントを5〜10km地点、移動し、メインポイントは35km地点。

 

言うのは簡単。でも方向音痴の僕には、どこをどう移動したらいいのか、サッパリわかりません。

 

何名かの京都在住のメンバーに質問し、Nさんの「朝は仁和寺より嵐山の方が人が少ない」というアドバイスをもとに、第一ポイントは嵐山に決定しました。

 

が、嵐山と言っても阪急もあれば嵐電もあります。朝エイ会場の西京極からどうやって移動するのがベストなのか?さらに、次の移動を考えたとき、どこに陣取るのがベストなのか?

 

参加表明いただいた方の中に、ビックリする名前がありました。走る調律師レオさんです。スーザフォンをかついでフルマラソン走ったり応援したりされる、結構、マスコミにも登場されてる有名人(^^;;

 

f:id:maddiehayes9915544:20170221162658j:plain

 

スーザフォンかついで移動するレオさんに、二輌編成の嵐電は乗れるのか?

 

実際の移動距離はどれくらいなのか?地図的には移動できそうだが、実際はどうなのか?当日の車線規制の中、マラソンコースを横断しないとたどり着けない駅に行くには、どのルートが最短なのか?

 

京都マラソン実行委の電話番号が分かってからは、プランが少しづつ具体化してきました。

 

それでも、皆が聞いてくる、「朝エイはどこでするの?」西京極競技場はいってすぐのとこです、当日は幟たてます。

 

でも、幟もってるのはMッチとMちゃん。両名到着前に到着すると予想される、関西圏外からの前のり組こそ、正確な場所を教えてあげないといけない人たちです。西京極に電話しても、「目印になるものは何もないです」との返事。

 

嵐山から35km地点への移動はJR嵯峨嵐山駅にたどり着かねばなりません。でも、マラソンコースが大きく立ちふさがっています。実行委によれば移動は可能、でも具体的にどの道かは、聞いても方向音痴にはチンプンカンプン。

 

こりゃあ、行くしかないか!

 

そう腹をくくり、前日の土曜日、まず僕は西京極へと向かいました。

 

数名のランナーが下見しています。シャッター押してください、とオッサンに頼まれました。

 

朝エイは、幟がなくてもわかるように、「女子更衣室エリア」と大きな垂れ幕の下に決めました。スケベ親父だらけの京都マラソン共同体なんで、誰もが集まれるはずだっ!(女性メンバーごめんなさい!)

 

f:id:maddiehayes9915544:20170221162850j:plain

 

写真とって、共同体スレッドに投稿。

 

移動は阪急に決めました。時間も嵐電の半分、車両は嵐電の倍。

 

阪急嵐山駅から応援ポイントを探します。マラソンルートを横断せずたどり着ける場所。実行委に電話しながら最良と思えるポイントを見つけました。

 

問題は、JR駅までの移動。どうやってもマラソンルートを横断するしかない。

 

実行委に電話。この頃には、実行委の福田さんが僕担当みたいになってました。(最後には「池ちゃん」「福ちゃん」のあいだがらになってました)

 

福ちゃんの見てる地図がやや古く、今はない店を右折せよ、と言われ、時間がかかりましたが、やっと、駅につく最短ルートを見つけました。

 

JRに乗り込み、地下鉄、京阪を乗り継ぎ…

 

35km地点。神宮丸太町駅

 

スーザフォンを考慮し、エレベーターつきの5番出口から地上へ。

 

川端通、鴨川の反対側にでました。妙な胸騒ぎがして、福ちゃんにTEL。

 

「福ちゃん、川端通は両方とも通行禁止にするって聞いたけど…」

 

「違いますよ!川端通は川沿いの道だけマラソンルートに使います!」

 

「マジ?!ほんだら鴨川と反対の道に出たら応援でけへんやん!」

 

「そやで!」

 

「とーするん?!」

 

「川沿い側にでる出口があるはず!もっかい下に降りて探しなはれ!」

 

あった!3番出口!エレベーターはないけど、ここを上がりさえすれば、マラソンルート真っ只中!

 

参加ランナーの中で最速ランナーは間違いなくS井さん。キロ4分でシュミレーションしたら、ここをS井さんは10:50に通過しはる。

 

それに間に合うためには嵯峨嵐山9:47にでて10:25にここに着かないと。

 

嵐山で最後のランナーを見送ってもじゅうぶんな時間。

 

プランは決まりました。

 

妻は遅番で帰宅後、パンサンド作りをはじめました。おにぎりとかの方が簡単やしマラソン前のランナーには良いのはわかってますが、ラン友内で有名になっちゃったパンサンド、みんなが食べたいといってくれてます。妻は腕によりをかけて作っていました。

 

そして当日。

 

まったく予想に反した、寒い一日となりました。

 

数日前から体調をこわしながら来てくれた副団長のYちゃん、かわいい赤ウサギのかぶり物を持ってきてくれたKりん。K原さんは初お目見え。ちょっとコワモテやのにカニのかぶり物(^^;;子どもたちの歓声に笑顔で答える優しい人でした。去年もきてくれはったY川さんも、やっぱり来てくれました(^-^)そしてスーザフォンのレオさん。

 

この応援団の珍道中は、昨日アップした通りです(^^;;

 

さらにW林さん、H本さん、が、家事などでお忙しい中、ポイントポイントで応援してくれました。

 

驚いたのがおかべさん。当日朝までの夜勤シフト終了から、大阪港付近から神宮丸太町まで直接、来てくれました。小さな体のどこにそんなパワーが?!っておもうほどエネルギッシュな応援を繰り広げてくれました!

 

でも天気が…

 

前日までピーカン、21度だったのに、当日は5度、雨、強風…

 

さぞ、ランナーは走りにくかったやろな…いいタイムなんか出なかったやろな…

 

と思ってましたが、TTさんがセットしてくれた打ち上げでは、フタをあけたらPB更新した!という方が3名、セカンドベストという方もいて、ちょっと気持ちが楽になりました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170221164305j:plain

 

でも、故障してしまった方もいました。とても不本意なタイムだった人もいました。

 

とにかく、ニュー大文寺で酒を酌み交わし、楽しい時間をすごしました。

 

僕と妻は8時においとましました。みんなが握手してくれました。

 

最後に名古屋の植松さん。残念ながら不本意やったタイムの方です。握手しようと思い、差し出した僕の手を払いのけ…

 

強く、強く僕をハグしてくれました(^^;;

 

そして、「博さん…」の後、言葉に詰まってらっしゃいました。目に熱いものが光っていました。

 

「下まで送ります!」

 

と植松さん。ここでいいですよ、と言うのに、裸足で、極寒の外まで出て来てくれました。

 

何度も何度も、今日はありがとう!って言ってくれました。

 

そして店外で僕たち夫婦がコートを着るまで、荷物を持ってくれました。

 

帰る僕たちをずっとずっと、手を降って見送ってくれました。

 

その時、僕はやっと気づきました。

 

僕の真心は、伝わっていたんだなと。

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール