走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

生まれて2日で死ぬはずだった子ネコと、優しく貧しい若夫婦の物語。

f:id:maddiehayes9915544:20161217170420j:plain

 

昔々、あるところに、心の優しい若夫婦が住んでおりました。

 

小さな娘を一人、神様から授かりましたが、親戚夫婦が育児放棄した二人の兄弟を引き取り、実の娘同様、一緒に面倒を見ていました。

 

お父さんは、長い間はたらいてきた工場から独立し、小さいながら、自分の工場を持ちました。従業員はお母さんだけでしたが、若くして社長になりました。

 

仕事は全然ありませんでしたが、若夫婦は希望に満ち溢れておりました。

 

ただ、いつになっても仕事がありません。若夫婦は依頼があればどんな仕事もいとわずこなしておりました。

 

そんなある日。

 

二人のもとに、一つの仕事が舞い込みました。もう使われていない小さな建物の廃棄物処理と解体の仕事です。

 

二人はさっそく、その建物に行きました。

 

廃棄物処理のため、まず中に入ると…

 

誰もいないはずの内部。でも、小さな音がします。

 

野良ネコの親子が住んでいました。

 

母ネコと、子ネコは、まだ生まれたばかり。手のひらに乗りそうなくらいに小さな子ネコが数匹。

 

お父さんとお母さんは、そのネコの家族を驚かせないように、仕事を進めました。

 

そして次の日。

 

きのうの続きをするために、建物にやってくると…

 

ネコは、消えていました。

 

たった一匹を除いて。

 

人間がやってきたので、危険と思った母ネコが、夜のうちにねぐらを変えたようでした。

 

残された子ネコは、いちばん弱そうだったので、母ネコに捨てられたのかもしれません。

 

生きているのか、死んでいるのかわからないくらい、弱々しい、子ネコ。

 

まだ目さえ、満足に開いていません。

 

顔じゅう泥まみれ。泥を払う力もないようでした。

 

それを見たお母さんは、もう仕事どころではありません。ずっと子ネコにつきっきりです。

 

子ネコは生まれて1日目くらいでした。まだ、食べ物さえ食べることができないようでした。

 

お母さんはつきっきりで、子ネコを両手に包んで、温めてあげていました。

 

お父さんは内心、怒っていました。

 

お父さんも心の優しい人でしたが、ネコだけは嫌いでした。犬は大好きなのですが、猫だけは嫌いでした。

 

「お父さん、このネコ、うちで飼いましょう」

 

「だめだ!」

 

お父さんはガンとしてはねのけました。

 

お母さんは、お父さんがそう言うとわかっていました。お父さんのネコ嫌いを知っていましたから。

 

お母さんは悲しくて悲しくて、どうしようもありませんでした。

 

けっきょく、一日中、子ネコのそばを離れずにいました。

 

いよいよ明日は、工場の取り壊しです。

 

生まれたばかりの子ネコは、母ネコがいないと、1日も生きていくことができません。

 

あのネコ家族は、あの工場があったから、外敵からも身を守られ、雨露もしのげていました。

 

それなのに、自分たちがきたから、母ネコはねぐらを移してしまいました。

 

そして、いちばん小さなあの子が取り残されてしまいました。

 

あした、あの工場が取り壊されたら…

 

子ネコは、間違いなく、死んでしまいます。

 

仕事が終わりました。お父さんはクルマに向かいました。

 

お母さんは、最後にもう一度、子ネコを抱きしめると、その場を後にしました。

 

帰りのクルマの中でも、お母さんは一言も発せず、ただ、涙を流しておりました。

 

お父さんは、むすっとして、一言も喋りませんでした。

 

お母さんは、家について、泣きながら、料理を作っていました。

 

晩ごはんができました。

 

いつもは楽しい夕食。お父さんは黙々と食べ始めましたが、お母さんはうつむいて、食べ物に手をつけることができません。。

 

お母さんは、泣きはらした目で、もう一度、お父さんに言いました。

 

「お父さん…あの子ネコ…」

 

「勝手にしろ!!」

 

ついにお父さんが言いました。

 

お母さんは、椅子から飛び上がりました!

 

「エエのん?連れてきてエエのん?」

 

「勝手にしろ!」

 

そのままお母さんはクルマに飛び乗り、一人であの廃工場へとクルマを走らせました。

 

真っ暗な廃工場。

 

「ネコちゃん、ネコちゃん」

 

お母さんが、昼間に子ネコの世話をしていた場所に行くと…

 

いました。あの子ネコは、まだそこにいました。

 

生まれたばかりで動けず、食べ物も口にできない子ネコ。もう少し、一人ぼっちでいたら、死んでしまっていたことでしょう。

 

子ネコは、優しい人間に、ふわりと持ち上げられました。まだ涙が乾ききっていない目で子猫を見つめながら、お母さんは言いました。

 

「さあ。お家に帰ろう」

 

お母さんはそう言って、子ネコを連れて帰りました。

 

それから…

 

子ネコは、真っ黒な毛並みから、「ブラッキー」と名付けられました。

 

ブラッキーが来てからと言うもの…

 

お父さんの工場は、なぜか、とても忙しくなって来ました。

 

とても、夫婦二人ではおっつけなくなり、従業員を雇うようになりました。

 

今では、工場はさらにもう一つあり、従業員も10名になりました。

 

ブラッキーが招き猫だったことは間違いありません。

 

何よりも不思議だったこと。

 

それは、お父さんが、大のネコ好きになったことでした。誰よりもブラッキーを愛し、「わしの息子」と呼ぶようになりました。ブラッキーの方も、助けてくれたお母さんより、なぜかお父さんの方が好きみたいでした。

 

生まれてたった数日で死ぬはずだったブラッキー

 

20年、お父さんとお母さんの家で、幸せに暮らしました。

 

天寿をまっとうして、ブラッキーは神様のもとに旅立ちました。

 

みんなを幸せにしてくれてありがとう。天国でまた、楽しく走り回ってね。