走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

奈良マラソン。大会当日、正しい会場への行き方と、マラソンわらしと。

f:id:maddiehayes9915544:20161209165238j:plain

 

2015年12月15日。

 

早朝7時の近鉄奈良駅は、マラソンランナーたちでごった返していた。

 

改札をでた池田夫婦は安藤さんを見つける。安藤さんがいうには、7時ジャスト着の特急に鈴木 哲っちゃんが乗ってるらしい。

 

少し待つと哲っちゃん登場。さらにさとじゅん、さらにMDK47の隊長さん合流。

 

「人数おるし、会場までタクシーでいこか?!」哲っちゃんが提案した。

 

たしかに駅から会場まで行くには1km強の登り坂を延々と歩かねばならない。マラソン前の足の温存という見地からいい作戦だ。

 

ただ、6人なんで3対3に別れることに。池田夫婦とさとじゅんで1グループ、安藤さん、哲っちゃん、隊長さんでもう1グループ。

 

 

さて、近鉄奈良駅タクシー乗り場は中型タクシー乗り場と小型タクシー乗り場が分かれていて、たまたま中型乗り場にいたチーム哲のところに一台のタクシーが。

 

小型乗り場にいるチーム池田にむかって哲っちゃんが、

 

「ほな、オレら先いっとくで〜」と叫んでタクシーに乗り込んだ。

 

①哲っちゃんが運転席の横に。

 

後部座席には、

 

②安藤さんが入り、

 

③隊長が入り、

 

❹あと1人が入り…。

 

え?あと1人??

 

哲っちゃんはその4人目の男の顔はしらなかったが、同年代のランナーだ、安藤さんか隊長の友達なんや、と思い、タクシーは発車した。

 

哲っちゃん:いや〜、こうやって、足を温存させて、タイムが5分ちぢまるんやで!

 

第4の男:マジすか?!やっぱ違うもんやなあ〜。

 

哲っちゃん:そう言えば高天(たかま)の交差点で、○○さんが応援してくれてるらしいわ!

 

第4の男:ああ、高天は地下で道が繋がってるから、応援者も応援しやすいんですわ!

 

タクシーがついた。900円弱。

 

哲っちゃん:オレ、出しとくわ。

 

第4の男:1人250円ですね?

 

哲っちゃん:いいよ!あとでいいよ!

 

第4の男:いや、いま払っておかないと!

 

哲っちゃん:ほんだら200円でいいよ。

 

第4の男:いやいや…(といって250円払う)

 

哲っちゃん:200でええのに…。

 

全員、降車。

 

第4の男は、「じゃあ!」と片手をあげ、みんなの集合場所とはまったく逆の方向へと走り去った。残った3人は、集合場所へと歩き始めた。

 

f:id:maddiehayes9915544:20161209165218j:plain

 

哲っちゃん:(安藤さんに)で、あいつ、誰なん?

 

安藤さん:…え?オレの友達ちゃうで。(隊長に)誰なん?

 

隊長:えっ?オレ、知らん人やで。

 

3人:…。…。誰も、知らん人なん…?

 

果たして第4の男は誰だったのか…。他の3人は友達で、自分だけ部外者と認識して乗り込んできたのか、それとも4人とも他人同士と勘違いしていたのか…。

 

真相は闇の中だ。もしかしたら、ニコイチーズが見た、「まぼろし」だったのではないか…。

 

もしかしたら、マラソン前に現れると言う、

 

「マラソンわらし」

 

的な、霊的な奴だったのではないだろうか…。(←そんなのいねー!!)

 

今年もいよいよ、奈良マラソンが近づいて来た…

 

いでよ!再び!

 

マラソンわらし!!

 

(注:この記事は、人数がいたら、近鉄奈良駅から会場までタクシーで行くといいよ、と言う、マラソンハック的な記事です)

ドコモ口座キャッシュゲットモール