走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

靴ハカセ・お方さまの「足まわり講座」No4. 「外反母趾 その2」

みなさんこんにちは!お方さまの足回り講座です!

 

外反母趾」第2回目は

 

外反母趾になるメカニズムについて

 

勉強しましょう!

 

 

 

足のアーチが下がってくる

足の骨格のバランスが崩れる

外反母趾が発症する。

 

と前回言いました。
 
それを具体的に説明していきます。
 
前も申しましたが、足には

 

3つのアーチがあります。
 

f:id:maddiehayes9915544:20161128171334j:plain

 
②の横アーチが下がってくると、
 
「開張足(かいちょうそく)」
 
という状態になります。

 

この開張足が、外反母趾の大きな要因です。
 
▼開張足を、真正面から見ると…
f:id:maddiehayes9915544:20161128171402j:plain

 

開張足になると、

 

横幅は当然広がります。

 

「中指の付け根に、なぜタコができるの?!」
 人差し指と中指の骨の底面はとんがっているので(青い星の部分)、開張足になり地面に着くと…

 ①痛みが出やすい

 ②タコやウオノメができやすい

 という悪条件も発生します。

 

 
▼ちなみに足でグーをした時に、青丸部分がぶくっと出ていないと、横アーチが下がっているという目安になります。

f:id:maddiehayes9915544:20161128175955j:plain


 骨が横に広がると、普通なら、親指の先も横に広がるはずなのに
 
外反母趾の親指は内側に向きます。
 
そのメカニズムは…

 

f:id:maddiehayes9915544:20161128171434j:plain


 親指には、

 

縦方向に筋肉が走っています。
 
この筋肉は、親指を下に曲げる働きをします。
 
親指はこの筋肉によりカカト側に引っ張られています。

 

開張足になると…
 
親指には、
 
開張足の横に広がる力➕縦の筋肉のカカト側に引っ張る力
 
が合わさります。
 
こうして、親指の先は内側へと曲がっていってしまいます。
 
 

▼長母趾屈筋は、種子骨と言われる骨の間を縫うように走っています。(ゴールドのテープが長母趾屈筋)

f:id:maddiehayes9915544:20161128174721j:plain


さらに、外反母趾の親指は反転しています。

 

これはなぜでしょうか?

 

親指の外側にも筋肉があり、これが

 

親指を外側に動かす唯一の筋肉

 

です。

 

足の指でパーをする時、親指を外に引っ張っている筋肉です。
 
外反母趾が進むとこの筋肉が引き伸ばされてしまい、ゴムが伸びきったようになってしまいます。

 

親指を外に動かすことができなくなってしまいます。

 
そのため、外反母趾がさらに進んでしまいます。

 

外反母趾の人は、パーができない?!」

親指を外に引っ張るこの筋肉が、外反母趾の人はバカになってしまっています。

そのため、足の親指を外に開くことができないので、

外反母趾の人はパーをすることができません(^_^;)

 


 ▼青い部分が母趾外転筋 

f:id:maddiehayes9915544:20161128171810j:plain



▼パーにすると、指で押さえた部分がぷくっと膨らむよ
外反母趾の人はほとんど膨らまない

f:id:maddiehayes9915544:20161128171856j:plain


 

最後に… 
 
ハイヒールが外反母趾を促進する理由は、
 
開張足になりやすいからです。
 
ヒールが高くなればなるほど、
 
足の裏の、横アーチ部分へ体重がかかって、
 
横アーチが下がりやすくなってしまいます。

 

▼ヒール高と、前足部への体重負荷の割合

f:id:maddiehayes9915544:20161128171527j:plain

 

では、外反母趾の人は、2度とハイヒールははけませんか?

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

それについては次回、お話しすることにします。


 
 
 

ドコモ口座キャッシュゲットモール