走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

パンサンド盗難事件!!〜神戸マラソン2011で、実際にあった、お方さまの大騒動〜

f:id:dietrunner:20161029191835j:plain

 

明日は大阪マラソンです。

 

僕はラン友というチームに属していて、マラソン大会があるとラン友は「朝エイ」という、朝の決起集会をして気合を入れます。

 

明日は久しぶりに、お方さまが「パンサンド」を作って持っていく、と張り切っておりますので、ランナーの皆さん、応援の皆さん、よければ是非、ひとくち食べてくださいね!

 

さて、この「パンサンド」とは何か、と申しますと…

 

ラン友の中で、なんとなく縁起物っぽくなっている、お方さまが作る食べ物です。

 

2011年11月20日。

 

第1回神戸マラソン

 

f:id:dietrunner:20161029192616j:plain

 

僕の初フルマラソンの日に、「その事件」は起こりました。

 

世に言う、「パンサンド盗難事件!」です。

 

僕がこの投稿をアップして以来、皆の知るところとなったパンサンド。やがてマラソン前に食べると縁起がいい、などとまことしやかに言い伝えられていくこととなります。

 

以下が、2011年11月20日に発生したパンサンド盗難事件の全容です。刮目せよ!!

 

 

 

 

<パンサンド盗難事件発生!>

 

パンサンドとは、私の妻の得意料理である。パンに、具材をはさむ、という画期的な料理だ。(サンドイッチのことだろ!というツッコミはご遠慮ください!)

 

再三、僕がその写真をアップするので、FB友達のチエちゃんやナオミさんが「食べてみたい!」とコメントをくれていた。そうこうするうち、ナオミさんがランナーとして神戸マラソンに参加、チエちゃんはその応援に、それぞれ東京からやってくるとのこと!妻も僕の応援のため休みを取ったので、昨日は朝4時に起床、ナオミさんとチエちゃんのパンサンドをこしらえていた。

 

さて、30km地点。疲労困憊して到着した僕を待っていたのは、僕以上に疲労困憊な顔をした妻であった。

 

「パンサンド入れてたカバンが盗まれてん!」

 

ええーっ!そんなこと言われても、今ボク、マラソン中なんですけど…(^^;;

 

聞けば、貴重品を入れたカバンは肩から掛けていたが、パンサンドを入れたクーラーバッグは別のカバンに入れ、足元に置いて応援していたところ、置き引きにあったとのこと。

 

泣きそうになってる妻。いっぽう僕は、初フルマラソンで倒れそうに疲れ、励まして欲しかったのだが、

 

「きっと見つかるって!」

 

と、逆に妻を励ますという逆転現象の真っ只中にいた。その後、僕のことなんか誰ひとり気にかけてもらえず、誰からも励ましてもらうことなく、痛む足をこらえてコースに戻ったのだった。

 

さて、これは妻と行動をともにしていた従妹から聞いたのだが、その後、妻と従妹は近くで警備をしていた警察官に事情を説明。その結果、署から応援を呼ぶことになった。

 

だんだん、大型化していく問題…。

 

署で妻と従妹は、調書を取られることとなった。

 

サツ:えー、ではそのカバンに入ってたものを言ってください。

 

妻:はい…。バナナ一本…。

 

サツ:一房?

 

妻:いえ、一本…。

 

サツ:…。一本ね。他は?

 

妻:ポカリスエット…。

 

サツ:一本?

 

妻:いえ…。飲みかけ…。

 

サツ:…。あとは?

 

妻:パンサンド…。

 

サツ:えっ?

 

妻:パンに、具材をはさんだ、画期的な食べ物です…

 

サツ:サンドイッチ?

 

妻:(あっさり)そうです。

 

その後、盗まれた状況や連絡先を聞かれ、けっこう時間がかかり、僕のゴールに間に合わないのでは?との状況になってたらしい。一方の僕は、30km地点でもらえると当てにしていた食べ物が一切もらえず、ややハンガーノック気味になって、足が痙攣して思うように走れず時間がかかり、結果的には妻たちは余裕で間に合ったのだった。

 

僕がゴールした直後、サツからTELがあり、駅近くで見つかったとのこと。人生初のフルマラソンのゴールの余韻にひたるのもままならず、我々は長田署にむかった。

 

カバンに入っていたものの中で、唯一、指紋が採れそうなのがポカリスエットのペットボトルなので、僕たちの目の前で、鑑識の人が、耳かきの反対側のフワフワの大きいやつで指紋を採取。

 

テレビの刑事物みたいやん!めっちゃ、写真とりたい!写真とって、FBにアップしたい!

 

と心の中で叫びながら、顔には出さないように努力した。

 

こうして東京の友人のために作った6切れのパンサンドは戻ってきた。しかし友人たちはとっくに、帰京の途についていた。

 

妻:パンサンド、6切れもあまってもうた。あなた、明日のお昼に4切れ食べてね。あたし、2切れ、会社に持っていくから。

 

私:OK。

 

そして今朝。妻は、2切れのパンサンドを持っていくことを忘れたのだった。

 

(T-T)妻よ…。どこまでスチャラカ…