読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

フォルクスワーゲン、100台の幸せ。「お方さまの苦笑日記」

f:id:maddiehayes9915544:20170525222955p:plain

 

妻:子どもの頃の迷信とかってあったやん。

 

夫:うん!あったあった!

 

妻:アンタとこのん、どんなん?

 

夫:そやなあ…。あ、「夜、口笛を吹いたら、ヘビが来る」ってヤツ。

 

妻:それは違うわ。それは言い伝えや。

 

夫:(出た!得意の「全否定」!!)

 

blog.dietrunner.xyz

 

え、ほんだらどんなん?

 

妻:「フォルクスワーゲンを100台見たら、幸せになる」とか。

 

夫:(「口笛のヘビ」と、どー違うんじゃあっ?!)ふーん。

 

妻:そやから、数えててん。毎日、フォルクスワーゲン。特徴ある車体やから、子供でもすぐわかるやん。

 

夫:そうやね。

 

妻:でもな…。

 

夫:ウンウン。

 

妻:「赤」のワーゲン見たら、数はリセットされるねん!!

 

夫:エエーーッ?!

 

妻:そやから絶対、100台にたどり着けたことなかったわ!!

 

夫:御意。

鯛焼きウルトラピクニック外伝:「鯛焼きマスクはSOLD OUT!!」の巻

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525161353p:plain

 

タモンさんへの恩返しの意味を込めて、鯛焼きウルトラのエイドをやろうと決意したわれわれ夫婦。

 

しかし、知った顔は少ない。

 

われわれが鯛焼きウルトラのエイドである、ということを、みんなにわかってもらう必要がありました。

 

それに関しては、僕は安易に考えていました。

 

「タモンさんの鯛焼きマスクと同じものをかぶれば良い」

 

と。

 

エイドっぽいクルマが停まってて、その横にあの鯛焼きのマスクをしたおっさんがいたら、さすがに鯛焼きウルトラのエイドだとわかってもらえるでしょう。

 

安易に考えていた僕は、鯛焼きマスクの手配も、直前まで行なっていませんでした。

 

やっとネットで調べたのが、本番4日前の17日の午前中。

 

アマゾンで買えば、翌18日には到着します。まあ、余裕で間に合うはず。

 

ところが、予想だにしなかった事態が!!!

 

アマゾン

 

アマゾンで調べたら…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525151034p:plain

 

ええっ…。想定外…。

 

楽天

 

楽天を見てみましょう!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525151328p:plain

 

エエエーーッ?!!

 

た、たいへんやん!!売ってない!!アマゾンにも、楽天にも売ってない!!

 

ドンキ通販

 

念のため、ドンキホーテの通販を確認すると…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525151729p:plain

 

オーマイガーーッ!!

 

日本中で、鯛焼きマスクが品切れ中!!

 

どんだけ人気やねん、鯛焼きマスク!!

 

はっ?!

 

まさか、鯛焼きウルトラを走るランナーは全員、

 

鯛焼きマスク装着が義務付けられてる?!←これ、真剣に疑いました(^◇^;)

 

いや…。どこを読んでもそんな規定はない。

 

とにかく、鯛焼きマスクが手に入らない以上、われわれが鯛焼きウルトラのエイドであるとみんなに一目でわかってもらえる手段がない。

 

困った…

 

そうだ!

 

タモンさんなら、スペアの鯛焼きマスクをお持ちかもしれない!!

 

さっそくメッセージ!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525160037j:plain

 

 

直前になって、忙しいはずの主催者の仕事をさらに増やす、めんどくさいヤツ、それがオレさっ!!

 

優しいタモンさんは…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525154444j:plain

 

 

こうして…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170525154811j:plain

 

無事、鯛焼きマスクは19日の午前中に到着!!

 

間に合ったのだった!!

 

タモンさん、お手間とらせて本当にごめんなさい!!

 

 

 

 

お方さまの全否定。「お方さまの苦笑日記」

 

f:id:maddiehayes9915544:20170524224135p:plain

 

 

〜鯛焼きウルトラにエイドで参加すべく、一路、しまなみ海道へと車を走らせていた。カーナビが若干、不正確で、よく分からない〜

 

妻:たぶん、ここは右車線走ってたら大丈夫やと思う…

 

(実際、その先で道が左右に分かれ、右車線を走っていて正解だった)

 

夫:(やや大げさに)すごいなあ!レーコの言う通り、右車線を走ってたら大正解やったわ!

 

妻:フフン。(ニヒルに笑うが、悪い気はしていない)

 

(数時間後…)

 

妻:…そやから、ドボルザークは、絶対、あそこで、電車の音に聞こえる音を作曲したんやで!鉄オタやったから!

 

夫:(真偽のほどはどうでもいい)へえ!そうなんや。レーコはなんでも知ってるなあ!!

 

妻:フフン。(悪い気はしていない)

 

(お分かりだろうか。夫婦仲を良好に保つ秘訣として、「相手をなるべく肯定する」と言う手段がある。よほどのことがない限り、相手を肯定していると、相手は決して悪い気はしないし、喧嘩にもならない。他愛もない日常会話で、不必要な我を張って、くだらない喧嘩になるより、相手を肯定する方が、よほど楽しく時間が過ごせると言うものだ)

 

(これが、お方さまになると、こうなる)

 

午前6時ごろ。

 

夫:(運転している妻を気遣い)レーコ、コーヒー飲む?

 

妻:いらん!

 

夫:…。

 

午前7時ごろ。

 

夫:(スピード超過気味の妻に)パトカーが見えたよ!スピード落としや!

 

妻:80km制限で、90kmやろ?!捕まるわけないやろがっ!

 

夫:…。

 

午前8時ごろ。

 

夫:(ハンドルを握っている)ガソリンが少ないね。あのスタンドで入れよか?

 

妻:130円やん!高い!まだいけるやろ!!

 

夫(心の叫び):!!!!全否定かよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「強烈!スーパーランナー列伝 @鯛焼きウルトラinしまなみ」No.3 カープキティちゃん

No.1はこちら。

↓ ↓ ↓

blog.dietrunner.xyz

 

No.2はこちら。

↓ ↓ ↓

blog.dietrunner.xyz

 

 

 

 

 

 

「橋に乗ってしまったら、もうサポートできないもんな…」

 

と、アドさんは言いました。

 

時刻は、19時15分をまわっていました。

 

僕たちは、最後のランナーを待っていました。

 

先ほどまでの暑さが嘘のように、急速に風が冷たくなってきました。

 

もう随分と、待っていました。

 

「彼」が来そうな気配は、とんとありませんでした。

 

でも「彼」が来るまでは。

 

「彼」が来るまでは、ここを動くわけにはいかない。

 

「彼」が橋に乗ってしまうと、もう僕たちには、

 

どんなに「彼」が喉が渇こうと、

 

どんなに「彼」が空腹にさいなまれようと、

 

手を貸してやることはできない。

 

だから、橋に乗る前の、最後のチャンスであるこの場所で、「彼」をサポートしてあげなければならないんだ。

 

アドさんの決意の表れが、小さなつぶやきになって、口から漏れた一言でした。

 

もちろん、僕もそのつもりでした。

 

「彼」を見捨てて、この場を去るなんてことは考えもしませんでした。

 

でもアドさんの小さなつぶやきには、グッと来るものがありました。

 

踊る阿呆に見る阿呆、の論理に従えば、「走らなソンソン」のはず。エイドなんかしている僕らは、もしかしたら、本当の阿呆なのかもしれない。

 

でも、誰に頼まれたわけでもなく、これをやろうと決めたんだ。

 

そして最後のランナーは、きっと、まだゴールを目指して、最後の難関であるこの「来島海峡大橋」を目指して、走り続けているはずなんだ。

 

だから、ここで「彼」の到着を待つんだ。

 

僕も、お方さまも、アドさんも、Witchさんも。

 

それからは誰も一言も口を開かず、ただ、暮れなずむ道の向こうから、「彼」がやって来るのを待っていました。

 

「彼」とは…

 

 

 

 

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523200331p:plain

 

カープキティちゃんの、特徴ありすぎるいでたちは、一瞬でも網膜に映ろうものなら、忘れられるはずもなく…

 

カープキティちゃんの存在は、さすがの僕も、かなり以前から知ってはいました。

 

様々なウルトラマラソンに参戦した友人の投稿に、あの満面の笑みで写っているカープキティちゃんは、強烈な印象とともに記憶として脳内にキープされていました。

 

その彼が初めて僕らの最初のエイドにやって来てくれた時は感激しました!

 

しかしながら、この時は、ちょうど他にもランナーさんがたくさんいらして、あまりお話しもできず、エイドを出て行かれました。

 

 最初のエイド、「ゲオ因島エイド」を撤収後、われわれは第2エイドを設定するため、食材と容器を買い足し、大島へ向かいます。

 

ランナーの走路としては、バラ公園という場所から、海岸線に沿って、延々と、最後の最後に行く手を阻むラスボス・来島海峡大橋へと向かうことになっていました。

 

そこでわれわれは、このコンビニも自販機もない海岸線にエイドをセットしました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170524103247p:plain

 

ここでも、たくさんのランナーさんに喜んでもらいましたが…

 

18時32分、スタッフ専用メッセージに、こんな連絡が入りました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523201932j:plain

 

なんと!ここに来て急遽、コースが変わった!!(^◇^;)

 

バラ園にあった道の駅が、18時で終了したので、寄る意味がなくなり、ショートカットルートになったのでした。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523203711p:plain

 

海岸線でエイドをしていたわれわれは、この知らせを聞いてすぐにエイドをたたみ、317号線方面に向かいました。

 

その時、われわれの数キロ後方でエイドをされてたアドさんチームに会い、情報を交換しあいました。

 

その後、われわれは「よしうみいきいき館」付近にいらっしゃったランナーさんにフルーツを届け、まだ来るはずのランナーさんと邂逅できる場所を探しました。

 

そして、

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523204430p:plain

 

急遽、この場所でエイドを作ることにしました。

 

しばらくすると、アドさんチームが来られました。アドさんチームは、ずっと先に行って、ランナーさんの様子を確認して来られたのでした。

 

それによると、あと3組のランナーさんが残っている、とのことでした。

 

1組目は、自転車チーム。(鯛焼きウルトラは、自転車の使用も可)

 

2組目は、ランニングチーム。ここは二人で走っている、とのこと。

 

そしてラストが、カープキティちゃん。彼が最終ランナーで、スイーパー*1さんが自転車で3名、付いているとのこと。

 

ほどなくして、自転車チームが現れました。

 

僕たちの場所は、長い下り坂の途中。自転車チームは元気に手を振って、走り去って行きました。

 

しばらく待つと…

 

ランニングチームのお二人も、やって来ました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523212934j:plain

 

お二人とも、フルーツも、水分も、たっぷり摂取されました。

 

お二人とも100kmのゼッケン。ここは83kmの地点。

 

昼間は気温が30度もありましたが、この頃から急速に冷えて来ていました。

 

それでも、力強く、残り17kmを走破するために、旅立って行かれました。

 

ついに…。

 

残るは、「彼」一人。

 

でも、「彼」は、なかなかやって来ません。

 

アドさんの表情にも、ほんの少し、心配そうな影が見えて来ました。

 

気温はどんどん下がって来て…

 

周囲は暗くなり始めていました。

 

遠く、遠くの一本道が、どんどん見えにくくなっていました。

 

その時…

 

われわれがいる、反対側の歩道に、人影が見えました!

 

自転車です!

 

自転車ということは、スイーパーさん!

 

ということは、それに並走している「彼」がいるはず!

 

が…。

 

「彼」はいません。

 

そんなアホな…。

 

スイーパーさんしかいないなんて、そんなことあるわけがない。

 

でも、いくら目を凝らしても、自転車のそばにランナーの影は見当たりません。

 

妙な胸騒ぎがし始めた、その時!!

 

いた!!

 

自転車とは、反対側の歩道を走っていました!

 

そう、「彼」は、走っていました!

 

力強く、力強く、走っていました!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523213830j:plain

 

その姿が見えた時、熱いものがこみ上げて来ました。

 

あんな、「かぶき者」みたいな格好に身を包みながら、たとえ最終ランナーになろうとも、投げ出さず真摯に、走ることをやめない彼の姿は…

 

30度の日中、フリース素材のウエアに、白塗りの顔。笑っているようなメイクの裏に、苦痛を隠して。

 

「彼」は83kmを走って来たのだ…

 

そして残り17kmに、挑もうとしているんだ…

 

そう思うと、熱いものがこみ上げて来ました。

 

こみ上がってくるものを隠して、僕はなるたけ平静を装いながら、カープキティちゃんに話しかけました。

 

オレ:お疲れさま!!大丈夫?!

 

キティちゃん:大丈夫です!!…あのぉ、

 

オレ:うん?!

 

キティちゃん:タイガーさんのことですが…

 

オレ:うん?タイガーさんがどうかした?

 

キティちゃん:タイガーさんは、元気でしたか?

 

オレ:うん、タイガーさんは元気やったよ!

 

キティちゃん:そうですか!でもタイガーさんは、「違うトコ」も元気だったそうで!!

 

オレ:…。(ええーっ?!いきなり下ネタ?!)

 

さっきまでの感動を返してくれ!!

 

と言いたくなるような、キティちゃんの下ネタ攻撃を受けました!!(^◇^;)

 

※注:タイガーさんとキティちゃんは師弟関係にあり、なぜか、セクハラを巡って激しい確執(笑)が存在することを、のちに知ることとなる

 

キティちゃんはそばにあったベンチに腰掛けましたが、全身からは「元気オーラ」がみなぎっていました。まだいける、そう直感できました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523215859j:plain

 

彼と、自転車のスイーパーさんたちにもフルーツを召し上がっていただきました。

 

でも、フルーツはまだ少し残っていたので、僕は冗談半分で、

 

「キティちゃん、フルーツ残ってしまった。おかわりしたかったら、まだあるよ」

 

と言いました。すると彼は即座に立ち上がり、

 

「ください!フルーツのおかわり、ください!」

 

と言いました。

 

フルーツの残り具合を彼に見せると、

 

「残りぜんぶ、ください!」

 

と言いました。 

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523220631j:plain

 

ここに来て、こんなに食べれるんだ、なんてパワーだ…

 

「キティちゃん、コーラもちょっとだけ残ってるわ。もういらん?」

 

「ください!コーラ、残りぜんぶ、ください!」

 

キティちゃんは力強く言いました。

 

3名のスイーパーさんと、われわれ夫婦と、アドさんとWitchさんと。

 

ほんの短い間でしたが、カープキティちゃんを中心にして…

 

必ず彼をゴールへ導こうとする仲間たちとの間で、奇妙な友情めいたものが生まれたのを、僕は感じました。

 

そして、彼らは、最後に立ちはだかる、来島海峡大橋へと、戦いを挑んでいきました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523221117j:plain

 

 

 

 

 

彼を見送りながら、僕は漠然と思いました。

 

彼は、本当にそこにいたのかな。

 

酷暑の日に、フリースの着ぐるみを着て、白塗りをして。

 

彼は実在の人物なのかな。

 

100kmを走るウルトラマラソンなんて、常識人にとっては「狂気の沙汰」の範疇だ。

 

だから、もし、ウルトラマラソンの妖精がいるのだとしたら…

 

ウルトラの妖精がいるとしたら、きっと、「狂気の沙汰ないでたち」をしているに違いない。

 

それこそ、真夏にフリースを着て。白塗りをして。下ネタを口にして。

 

カープキティちゃんなんか、本当に存在するんだろうか…

 

もしかしたら、今、僕たちは、ウルトラマラソンの妖精と、しゃべっていたのかもしれないな…

 

日中の暑さにやられたせいか、僕はぼんやりとそんなことを考えながら、小さくなって行く彼の後ろ姿を見つめていました。 

 

 

*1:ウルトラマラソンで、最終ランナーに付いてフォローする係のランナーさんのこと

「強烈!スーパーランナー列伝 @鯛焼きウルトラinしまなみ」No.2 仮面ライダーさん

 

No.1、No.3はこちら。

↓ ↓ ↓

blog.dietrunner.xyz

 

blog.dietrunner.xyz

 

 

そう、もちろんわかっています!彼は今回はランナーではないことは。

 

でも、めっちゃ目立ってらっしゃいましたやん?!

 

僕は、大阪マラソンでお見かけして、なんて完成度の高い仮面ライダーなんだ…と、密かに憧れを抱いていたのでした。

 

彼は、こんないきさつで現れました…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523114744j:plain

 

大島の、地獄の海岸線。思った通り、前後にコンビニもエイドも、日陰さえなく、ランナーさんはかなりの苦戦を強いられたようでした。

 

だからわれわれのエイドを見たランナーさんはみんな、テンションが上がって喜んでいただけたことが、とても嬉しかったです!

 

さて、ランナーさんたちが冷たいフルーツを喜んでくれていると…

 

1台のクルマが、われわれの場所にやって着て停まりました。

 

実はこの場所、工事現場的な「囲い」がしてあったのですが、勝手に門を開けて使わせてもらっていたのでした。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523141017p:plain

 

それゆえ、警察的な、指導でも入ってしまうのか?!と、緊張が胸に去来した、次の瞬間!!

 

クルマから降りてきたのは…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523124129p:plain

 

「ラ…ライダー?!」

 

見たらわかる!!ライダーやん?!

 

あの、大阪マラソンの時にお見かけした、完成度の高いライダーさんやん!!

 

▼2016年10月6日。大阪マラソンスタート前。ドロンジョとポーズを決めるライダー。

f:id:maddiehayes9915544:20170523170245j:plain

 

ライダーもわれわれと同じくエイドをやってらっしゃると見え、後部座席にはエイドのための装備を満載されていました!

 

ここで、僕はこの完成度の高いライダー仮装についての質問を、彼にぶつけて見ました!!

 

Q1「この衣装、どこで手に入れはったんですか?」

 

答え:

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523122610p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523123715p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523130009p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523130711p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523133508p:plain

 

ほぼ完璧な仮面ライダーになりきっているのに、たった一点、なりきれていない部分があることに、賢明なる読者諸君はお気付きのことと思われます。

 

それは…。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523134056p:plain

 

完璧なライダーマスクまで作成したのに、足元がクロックスだなんて、不自然すぎ!!

 

と思ったら…

 

実は、足元もちゃんと作ってらっしゃるのでした!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523134639p:plain

 

Q2「ではなぜ、ブーツを履いてらっしゃらないのですか?」

 

答え:

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523135028p:plain

 

こうして、甘い2枚目なのに竹ひごからライダーマスクを作成する、素敵すぎる人物は、われわれに「ランチパック・照り焼きチキン味」を4個、渡してくれると、風のように去って行かれたのでした…

 

PS.

 

「サイクロン号は、さすがにないよなあ…」

 

と思ったアナタ!!

 

ちゃんと、あったのでした…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523140135p:plain

 

 

 

 

 

 

「強烈!スーパーランナー列伝 @鯛焼きウルトラinしまなみ」No.1 タイガーさん

No.2、No.3はこちら。

↓ ↓ ↓

blog.dietrunner.xyz

 

blog.dietrunner.xyz

 

 

広島スタート組で、約40km地点でエイドを作って、ランナーの到着を待っていたわれわれ夫婦。

 

われわれの5km手前にある、「因島運動公園エイド」から、先頭のランナーが通過したとの情報が、こんな形で入ってきました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522142345j:plain

 

どうやら「タイガーさん」なる人物が先頭で通過された模様。

 

僕はこの「タイガーさん」を存じ上げなかった。

 

きっと、フルネームが「山田大河(やまだ・たいが)」さんか、「木下大雅(きのした・たいが)」さんというんだろうな。ウルトラ界では有名人で、「タイガーさん」という愛称で呼ばれてらっしゃるんだろうな。

 

などと妄想を膨らませていました。

 

とにかく、鯛焼きウルトラのゼッケンをしたランナーが来たら、お声がけをしなければ、と思い、集中力を高めて待っていたら…

 

その人は、突然あらわれました!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522143218j:plain

 

 誰がどう見ても、タイガーさんやん!!(^◇^;)

 

とにかくびっくりしました!30度の強烈な炎天下を、この格好で、尾道からここ因島まで走って来たのでしょうか!!

 

「タイガーさん、氷の補充とか、大丈夫ですか?」

 

 

という僕の質問に対し、タイガーさんはこう答えました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523093054p:plain

 

コンビニで氷を買い、それをビニールに下げたまま走る…

 

考えもしなかった発想でした…

 

タダモンやないな…(^◇^;)

 

やがて、はす向かいにあるマンションが、騒がしくなって来ました。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522144824p:plain

 

「タイガーマスクが来てくれたから!これでこの島も安全やで!」

 

と叫ぶ僕の声に呼応して、少年たちがゾクゾクと顔を出します。

 

そのうちの1人が、矢も盾もたまらず、チャリンコでやって来ました!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523093423p:plain

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522150042p:plain

 

ちなみに、この少年に、

 

「あのタイガーは、尾道から来て、今治まで、80kmを走って行くんやで!」

 

と教えてあげました。

 

体力温存のため、歩き去るタイガーを見て少年は、

 

「歩いてるやん?」

 

と僕に言いましたが、聞こえないふりをしました!

 

 

 

その7時間後。

 

30km離れた大島という島の、海岸線にエイドをセットしたわれわれ夫婦。

 

タイガーさんはトップの座は譲ってしまわれていたが、やがて…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522151129p:plain

 

自販機もコンビニもない地獄の海岸線を、王者のごとき堂々たる足取りでやって来たタイガーさんなのでした。

 

僕も妻も、一発でファンになりました!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170523100505p:plain

 

 

僕が鯛焼きウルトラのエイドをしようと思った理由

縁がなかった鯛焼きウルトラ

 

2015年6月23日。

 

第一回の鯛焼きウルトラが行われたその日は、僕が初めてサロマ湖100kmウルトラマラソンに参加した日でもありました。

 

鯛焼きウルトラピクニック。

 

関西素人ランナー界の中では知らない人がいないと言っても過言ではない、超有名人・たもんさんこと大本さんは、いつも鯛焼きのお面をかぶっていることで知られています。

 

この格好で、フルマラソンならサブ3、ウルトラマラソン、超ウルトラマラソンなども軽々と走破。

 

佐渡島一周200kmのウルトラを走った翌日、新潟県でママチャリを購入し、その足で大阪の自宅までママチャリをこいで帰って来たという伝説の持ち主。

 

「気は優しくて力持ち」を絵に描いたような方で、とても優しいお人柄で、出会ったみんながファンになる、そんな人物像。

 

個人で開催するウルトラマラソン、大企業がスポンサーについてくれるはずもなく、でもたもんファンのネットワークが可能にした大会なのでした。

 

最大の特徴が、リタイア禁止。

 

その代わり、走ることに飽きたら、電車に乗ろうが、バスに乗ろうが、自転車を借りようが、コースを外れて近道しようが、なんでもOK!!

 

もちろん、僕も参加したかったけど、サロマの当日と被ってしまうと流石に無理でした。

 

心臓手術と被ってしまった第2回…

 

第2回鯛焼きウルトラピクニックは、2016年9月4日に行われました。

 

その数日前、僕は会社を退職し、心臓手術に専念することにしました。手術は9月13日。

 

第2回も参加することは叶わず。

 

「鯛焼きウルトラとは縁がないな」

 

と思っていた、その時…

 

たもんさんから、一通の手紙が届きました。中を開けると…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522160850j:plain

 

博さん こんばんは!

先ほど博さんの投稿を見て、もうもう自分にはお世話になった博さんの病状がショックで…。でも一番大変な博さんが頑張っておられる中、できればラン友もたくさん参加するイベントに、一緒に走るのが無理でも、気持ちだけでも一緒に参加できたらと思い…。姉が病気のときに励ましてくださった博さん。また無事に手術を終えられて一緒に走られることを楽しみにしています!もちろん、走る、いや、歩いて参加でも大丈夫ですので!!一緒に、これからも…よろしくお願いします  タモン拝

 

というお手紙とともに、僕は参加表明さえしていない、第2回鯛焼きウルトラピクニックのゼッケンとプログラムとミサンガが入っていました!!

 

もう僕は嬉しくて嬉しくて、手紙を読みながら涙が止まりませんでした。

 

手術で入院しているときは、このミサンガとゼッケンをお守りがわりに病室において手術に臨みました。

 

第3回、恩返しをしよう!!

 

そして、第3回鯛焼きウルトラピクニックは、従来までの大阪市内の開催とは打って変わって、なんとしまなみ海道で開催するとのこと!

 

数年前まで、しまなみ海道でウルトラマラソンが行われていたけれども、諸事情で終了してしまった、ということは知っていました。

 

何人もの友達がしまなみ海道のウルトラがどれほど素晴らしい大会だったか、を熱く語る場面にも遭遇したことがあります。

 

たもんさんはそれを復活させたいんだ…

 

いかにも心優しいたもんさんらしいチャレンジ。

 

去年、僕の心臓手術をおもんばかって、僕の心だけ連れて、一緒に走ってくれたたもんさん。

 

何としても恩返しをしなければいけない。

 

お方さまもなんとか都合をつけて、仕事が休めるようになりました!

 

フルーツ準備と当日の寝坊と(^◇^;)

 

4月19日の天気予報は真夏の暑さ。フルーツエイドは必須エイドの様相を呈してきました。加えて氷も水も必需品。

 

ランナーの数は80名。数は少ないものの、エイドに寄る人は多いはず。全ランナーの半分がエイドに寄ると仮定して、水都大阪の時の1.5倍の量を準備することにしました。

 

新鮮なフルーツが安いVEGEVEGEさんという八百屋さんにて。

 

fresh-vegevege.wixsite.com

 

河内晩柑(熊本県産のグレープフルーツ)を24個。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522104631j:plain

 

 

 

 

清美オレンジ(みかんとオレンジの交配で生まれた柑橘)30個。

f:id:maddiehayes9915544:20170522104707j:plain

 

 

 

 

キウイ10個。

f:id:maddiehayes9915544:20170522104743j:plain

 

アメリカ産レッドグローブ(皮ごと食べられるぶどう)5房

f:id:maddiehayes9915544:20170522104829j:plain

 

 

レッドグローブぶどう2パック入り

レッドグローブぶどう2パック入り

 

 

 

を購入。

 

痛まないよう、当日まで我が家の冷蔵庫を独占状態…(^◇^;)

f:id:maddiehayes9915544:20170522105029j:plain

 

そして前日夜!慣れてきて手際の良くなったお方さまは、あっという間に大量のフルーツのカッティングを終わらせました!

 

blog.dietrunner.xyz

 

この作業を終了し、床についたのが19日の午前1:30。

 

目覚ましセットは3:00。

 

起床、3:50。(^◇^;)

 

blog.dietrunner.xyz

 

大急ぎでクルマに飛び乗り、いざ!しまなみ海道へ!!

 

ゲオ因島店前エイド

 

事前に、コース地図などから、因島(いんのしま)の一部でエイドが途切れてランナーが辛くなりそうな地点を把握していたので、カーナビにはその地点をロックオン!

 

「ゲオ因島店」へ!!

 

 

ちょうどゲオの斜め前が更地になっていたので、そこで車を停めてミニエイドセット!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522174110j:plain

 

フルーツエイドは思いの外、ランナーさんから好評をいただき…

 

2011年の神戸マラソン以来の再会となる友人と、伯方島で会い、

 

▼真木さん(左端)。医者から「もう二度と走れません」と宣告されながら、特殊な膝の手術で、フルマラソンどころか、60kmのウルトラの距離まで走れるまでに復活。

f:id:maddiehayes9915544:20170522165436j:plain

▼伯方島エイドの誘惑…(^◇^;)

f:id:maddiehayes9915544:20170522165703j:plain

▼この鯛めしは、プロの方がお造りになられたそうです!

f:id:maddiehayes9915544:20170522165818j:plain

 

伯方島から大島へ向かい、次のエイドポイントを探しました。

 

大島海岸線エイド

 

バラ公園前でエイドをされている、たもんさんの奥さんからのアドバイスで、その先の海岸線でのエイドを決意。

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522171654p:plain

 

ここでもランナーさんは、フルーツエイドを喜んでいただきました!

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522171916j:plain

 

走り去るランナーたちのロマン

 

エイドは楽しく、やりがいもあって、素晴らしい経験ができました!

 

たもんさんに恩返しもできて、やってよかったと心から思いました!!

 

ただ…

 

エイドをやって痛感したことは…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522173201j:plain

 

遠く、遠く、からやってきて…

 

f:id:maddiehayes9915544:20170522123643j:plain

 

そして、旅を続けるため、走り去って行くランナーの後ろ姿は…

 

胸が熱くなるくらいにカッコよく…

 

ロマンに満ち溢れた姿でした。

 

もう一度、あちら側になりたいな、と心から思いました。

 

さあ!また練習しよう!